トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    原則的に、車査定において査定する人が所持しなければならない国家資格はないのですが、民間の資格で中古自動車査定士というものが存在し、国が推奨している資格になります。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、小型車、それから大型車に分かれているのです。

    学科試験や技能試験に受かることが必要で、半年以上の実務経験がないと資格取得が叶わないので、この資格を持っていると言うことは、車の査定の腕前が一定以上であることを証明してくれるはずです。

    注意して車に乗っていても自然に付く程度の軽い傷やへこみなどは、減点対象として査定されないことがほとんどですから、あまり神経質になることはありません。

    触ったときに明らかに引っ掛かる程度のキズや目でハッキリ分かるへこみがある場合、さらには塗装がはがれていたりすれば査定はマイナスになるでしょうが、マイナス査定されるのを避けようとしてたとえ自分で修理しても個人でまかなった費用以上に査定金額がアップされることはないので注意しましょう。

    中古車を査定してもらうときに、ちょっとでも高値で査定してもらいたい場合、今すぐにでも売却したいという思いを全面的にアピールすることです。

    何となく査定してもらうけども多分売却はすぐにしないだろうという相手よりも、提示した金額に納得すれば直ぐにでも売りますという相手の方が中古車買取業者にとってありがたいでしょう。

    直ぐに売る意志がある人だと分かったならば、ほかの業者に逃すまいと高めの見積もりを示してくれるかもしれないでしょう。

    いくつかの中古屋の査定額の中で一番高いところを選びたいなら、インターネット上の中古車買取一括査定サイトを活用するのも手です。

    以前はパソコンだけでしたが、今ではスマホ対応サイトも多いので、思い立った時にすぐに査定依頼を出すことができます。

    簡易査定の数字が出たら、見積額の高い業者の幾つかと価格や条件の交渉をします。

    たまに執拗な勧誘を繰り返す業者がいますが、そのようなところはあとで嫌な思いをしないためにも早いうちに断るほうが良いかもしれません。

    新車の価格は変わりませんが中古車の場合は市場価値がどんどん変化していきます。

    したがって査定時に提示された見積額には当然ながら有効期限があるものです。

    ただ、期限はケースバイケースで変わってくるため、見積りを出してくれた担当者に有効期限を聞いておくべきです。

    もし短ければ交渉次第で訂正もあり得ます。

    有効期限の設定は、長いところで2週間でそれ以上はほとんどないでしょう。

    そして決算期やボーナス時期などにはかなり短期間で設定されていることもあります。

    正式な価格を出すために訪問査定を依頼すると、業者は見積もりを出し、その場での契約を迫ります。

    売主が魅力を感じる条件、つまり金額アップをちらつかせて即時契約を求める熱心な営業が展開されますが、乗せられないように気をつけてください。

    中古車売却時には複数の会社から見積もりをとって競合させるのが好条件で買い取ってもらうための基本です。

    複数の業者から見積りをとることを第一に考え、各社の金額を見比べた上で次の交渉段階に進めばいいのです。

    けして焦りは禁物です。

    実際に自動車を手放そうと考えたときに、ディーラーに下取りに出した方が良いのか中古車買取会社に売った方が良いのかは、何を一番に考えるかで変わってきます。

    第一希望が簡単な方でというならば、お勧めしたいのはディーラーへ下取りに出すことです。

    新規に車を買うことと手持ちの車を売ることの両方が叶うので、なにより簡単です。

    それに対して、ちょっとでも高く車を買い取ってもらいたいという希望があるならば買取業者に出す方が良いでしょう。

    いくつかの業者に複数の見積もりを出してもらうことで、自らの力で査定額を高くすることも出来るようになるでしょう。

    自分が所有している車を買い取ってもらって、直後に売却金を受け取りたい場合には、売ったお金を即金で受け渡し可能なところをあたると良いでしょう。

    業者によっては大々的に「即金対応できます」と宣伝していないところもありますが、即金でお願いしますと言えば検討してくれる買取店もあるのです。

    そうは言っても、その場で現金を持ち帰りたいという時には、より高い見積金額は提示されなくなる可能性が高いことを覚えておいて下さい。

    即金で持ち帰りたいのか一円でも高く売りたいのか、どちらが優先順位が高いかを良く考慮して、後者が優先順位が高かったらすぐにお金を手にすることばかり固執するのはマイナスと言えるでしょう。

    自動車保有者の全員が加入を義務づけられているのが自賠責保険ですが、この保険は条件が整えば車を引き払う際に保険金の還付を受けることが可能なのです。

    その一定の条件というのは、自賠責保険の残り有効期限が一ヶ月以上あって、廃車にすることを決めた場合です。

    車を売却するときは還付の対象にはなりません。

    それから、戻ってくるお金がある場合にも自動で口座に振り込まれたりするわけではないのです。

    保険会社に対して自分自身で手間をかけて手続きをしなければ一向に還付されることはないです。