トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    売却予定の中古車の査定額を決める場合に、その見積金額に大幅に影響を及ぼすのが走行距離です。

    基本的に走行距離がアップすればするほど徐々に査定額がダウンしていくことになります。

    総走行距離数が5万km以上の車は一般的に多走行車と呼んでいて、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。

    走行距離数が10万キロメートル以上の車は過走行車という扱いを受け、ゼロ円査定になってしまうケースもままあります。

    お店に行って車の査定見積もりをしてもらう時間が取れないときなどには、多くの店舗が、業者の方から自宅などに来てくれる出張査定があります。

    査定士が自宅などに来て実際の車を目で見て確認して、査定額をはじき出してくれるのです。

    これは同時期に何社かの業者に来てもらって行っても構いません。

    多くの業者から同時に査定してもらえば時間短縮の利点もありますし、同時に呼ばれた査定士間で査定額の競争が行われるのでこれらの結果として見積額が高く提示される可能性が期待できるのです。

    一般的にほとんどの中古車買い取り店では、車を査定するために要する時間というのは待っているロスタイムを除いておおよそ15分弱でしょうか。

    さほど時間がかからないのは、車種ごとで現段階での中古車オークション相場などを参考にして前もってベースの査定額が決まっていて、基本査定額から車の各部位の状態や走行距離などを確認して、それらの状態に応じた減額や加算をすると最終的な価格を決定することが可能だからです。

    思い立ったら時間を問わず可能なのが、インターネットの良さですが、中古車の査定依頼もウェブだったら簡単にできてしまいます。

    わずか数分の手間で何十という買取業者の査定額を入手できるので、高値で売却しやすい点が好評です。

    ただ、不便なところもないわけではありません。

    たとえばウェブだからと夜中に査定を申し込むと、夜間受付や24時間OKという業者から夜中にもかかわらず登録した番号にどんどん電話がかかってきて困ったという人もいます。

    仕事時間にかかってきて困るという人もいますし、家の電話や仕事先の電話は登録しないほうが無難です。

    10万キロ以上走った車というのは、よく過走行車と言われ、査定サイトなどを使って売ろうとしてもタダ同然になることが多いです。

    値段がつかないという点では、事故車も同様です。

    そういったケースでは一般の中古車屋ではなく、事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、これからお客になってくれると考えますから、値段がつく可能性が高くなります。

    タイヤの状態は中古車の査定時には買値に影響しないのが普通です。

    とはいうものの、もしスタッドレスを履いているままなら、出来るだけノーマルタイヤに付け直しておくことをおすすめします。

    一般的にはスタッドレスの方が高価なので価値があると思う人もいますが、北陸や北海道などの豪雪地域の冬ならいざ知らず、一般的にはノーマルタイヤの方が需要があるので、交換してから売り出すことになります。

    結局、その手数料として査定額から引くので、安くなってしまうのです。

    「自賠責保険」は自動車を所有する全ての人に加入が義務づけられています。

    これは、一定の条件を満たせば自動車を引き払うときに保険金が還付されることがあるのです。

    ある条件とは、そのまま廃車にする場合で、そのとき自賠責保険の残りがひと月以上余っているケースです。

    廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。

    更に、保険金の還付があったとしても自動的に自分の口座に入金されるようなことはないのです。

    自賠責保険会社に対して自らが手間をかけて手続きをしなければ一向に還付されることはないです。

    車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

    定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、見積額に上乗せされることが多いでしょう。

    更に、定番カラーでもあるシルバーはボディーについた汚れなどが目立ちにくい特徴もあるのでより人気があります。

    白や黒、およびシルバー以外の車体色に関しては、その中古車の査定額が高く見積もりされることはないのです。

    査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、流行っている時期は短くて、買取から売却が成立するまでの間に流行が廃れているかも知れないからです。

    新しい車を買う時に古いほうに値段をつけ、売却代金に充当するのがディーラーによる下取りです。

    買ったところで売るのですから、中古車屋に売る面倒も省けて買い替えにかかる手間は半分で済みます。

    ただ、金額的に考えるとディーラー下取りと業者買取りなら、ディーラー価格は業者価格より安くなってしまうといった違いがあります。

    高値売却を望むのでしたら、やはり買取業者に勝るものはありません。