トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、大きく分類して車種や車体の色などの基本性能、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、内装のキズや汚れ、および臭いの有無、過去に故障や事故を起こしていなかったかどうかのチェックなどが挙げられます。

    このような事項にあてはまる場合はマイナス査定になり、査定アップの要因になる新型のカーナビやオーディオなどが付属していたらプラス査定となります。

    これらの結果とオークションの相場などを判断して、見積額が提示されるのです。

    自分が持っている車を売ろうとして査定に出したときに、残念ながら買取額はつきませんと言われるケースもままあります。

    走行距離が10万キロメートル以上の「過走行車」や、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは買い取り金額がつかない可能性が出てくるのです。

    複数の買取業者で見積もりを出してもらっても同じように買取額はつかないと言われたときにも、廃車にすることを前提として買い取る業者に引き取ってもらう方法もあるので、気落ちして売ることを断念することもないでしょう。

    先ず第一に、車の買取においては、中規模や個人経営のような小規模な店舗と、大企業では中古車査定時の姿勢がちょっと違ってくるのです。

    自前の販売ルートが確保できている大手の企業の場合は、同時に資金力も豊富ですから、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    しかしながら、会社内で取り決められた基準から外れた価格で買い取ることは不可能で、提示された価格に対して交渉できる可能性はあまりありません。

    大企業に対して小中規模の業者は、一件一件オークション方式で販売することが多いため、関わった中古自動車査定士が「これはいける」と思えば相場よりも査定額がグッと高くなるケースも出てくるのです。

    車を売却して業者から代金が支払われるのは、契約日から数日、ないし一週間後とみておけば良いでしょう。

    もし査定金額に満足してその場で契約を決めた場合でも、用意すべき書類が足りないと契約は不可能です。

    印鑑証明などは役所に行かなければ取れませんし、早く入金してほしければ、査定の前に、車を売ると決心した時点で先行して書類集めをしておくと手続きが早く済みます。

    提出書類は普通乗用車と軽では違いますし、事前にネットなどで調べておきましょう。

    買取対象の車を直接見て査定してもらうためには、中古車屋に車を乗り付けるのではなく、業者に訪問査定に来てもらうといった手段もありますから、考慮してみてはいかがでしょう。

    CMでもおなじみの大手はもちろん中小に至るまで、多くの買取業者が無料の訪問査定サービスを提供しています。

    上手くこれを活用すると、まとめていくつもの業者を来させて同日中に各社の見積額を出させることも可能です。

    競争心が生じるわけですから、高額な査定結果を得やすいという利点があります。

    満足できる査定結果が得られ、車を売却しようという段階になったら複数の書類が必要になりますから、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。

    普通乗用車と軽の場合は違いもありますから気をつけてください。

    普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとはリサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、納税証明書ですが、紛失している場合は再発行してもらってください。

    それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。

    しかし軽乗用車に限っては実印ではなくよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。

    自動車売買に関する手続きの全部を行うことができる知識と暇があるのでしたら、個人売買で自動車を売る方法が一番双方にとって得をする方法です。

    個人売買するときにいざこざが起きやすいのが名義変更関連と支払い関連なのです。

    前者に関しては双方で決めた期日までに必ず手続きをしてもらうように紙に書き示すことでトラブル回避可能です。

    お金に関することは、分割払いの初回のみ支払って2回目以降はそのまま逃げられることもあり得ますので、現金一括払いのみで対応すると余計な金銭トラブルは起きないでしょう。

    中古車を売ろうとするときには多くの書類を提出しなければいけません。

    しかしながら、自動車関連の書類をなくさずにひとところにまとめていて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、新規に取得しなければいけないのは印鑑証明書だけです。

    それから、印鑑証明は所有する自動車を売却する時だけではなく自動車を買うときにも提出が求められますから、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    また印鑑証明書の有効期限は発行した日から3ヶ月間となります。

    車を実際に売ることを決定したらすぐに取得しておくと、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。

    年間を通して一律なのではなくて、企業の決算月やボーナスが出たときなど、愛車を高く売りやすい時期というのはあります。

    市場で需要がアップするときには同時に買取の相場も高くなります。

    高く売れるタイミングがあったとしても、自動車を売却しようと思ったときが決算時期やボーナス時期とかけ離れていた場合に、これらのタイミングまで待った方が良いわけではないのです。

    売る時期が遅くなればなるほどに車の年式は上がっていきます。

    相場上昇によって恩恵を被るよりも、車の価値そのものが下落することの方が大きくなる可能性も秘めているからです。