トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    買取会社に査定をお願いするときに入り用になる書類について述べると、車検証と自賠責保険証明書の二つなので誰でも直ぐ分かるところにあるでしょうから、特段、事前に何らかの準備をする必要性はないでしょう。

    しかしながら、査定した車を売却するとなると名義変更が必要ですから、それから、印鑑証明書及び自動車税納税証明書等のいくつかの書類が必要になるのです。

    近頃、転居や結婚などの身辺変化があって車検証などの内容が現在の住所や姓になっていないときには新しい住所や姓に直すための書類が追加で必要になってくるので、姓や住所の変更などがあった人は、なるべく早く必要な書類を準備しておくと滞りなく売却が出来るでしょう。

    オンラインで自分の車の価値を査定することができますが、それは、詳細な査定基準ではなく簡易的に導き出された査定金額です。

    たとえ全く同じ車種で年式も同じだとしても、個々の車により状態は違って当然ですから、その車ごとの査定額は車を目の前で査定しないことにはなんとも言えません。

    このため、インターネットで前もって得られた相場通りの価格が必ず実際の現場で表示される訳ではないので、この点を事前に覚えておきましょう。

    中古車を売却するときに車検が1年1ヶ月以上残っていると、買取店舗によっても多少の違いはあるでしょうが、おおよそ数万円くらい査定額がアップします。

    でも、車検の残り期日が1年以下のケースでは車検までの期間に応じて査定金額が変動したりすることはありません。

    車検を通して直ぐだと査定額がアップするからとはいえ、車検を実施して直ぐに売却をしても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格に加算されて回収出来ることはないでしょうから、わざわざ手間暇かけて直前に車検を実施しておく利点は何も無いのです。

    車を買ったディーラーで下取りをしてもらうのであれば、今までの車に乗ったまま次の車が納入するまで過ごすことができます。

    一方、古いほうの車を買取業者に買い取ってもらう場合は、話は別で、新車納入まで引き取りを待ってくれることはまずありません。

    代わりに自転車や公共交通機関が使えれば良いのですが、そうでない場合は訪問査定等を申し込む際に必ず代車の手配の有無を聞いておくべきです。

    会社や店舗ごとにそういった手配はしていないところもあるので先に確かめておかないとあとになって困ることになります。

    個人店ならいざ知らず、業界各社ではチェックシートをベースに車の価値を算出していきます。

    標準的なレベルを元にそれより上か下かを項目ごとに見ていき、ひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。

    実際に見るポイントというと、ボディの傷、ヘコミ、修復歴とその状態、走行キロなどで、当然ながらメーター付け替えは違法です。

    場慣れした担当者が訪問するので、事故歴や修理の痕を隠そうとしても一目瞭然です。

    車関連の一括見積りサイトというと中古車の売却が頭に浮かびますが、車の保険にも一括見積りできるサイトがあります。

    すべての自動車保険は年限が限られており貯蓄性はなく、戻ってくるお金が満期時にも解約時にもない掛け捨て保険です。

    したがって、よその会社の方が掛金が安かったり条件が良ければ、移ったほうが断然トクということになります。

    引越や生命保険の見積りサイトなどと同じで利用するのには一切お金がかかりませんし、手軽に複数の会社の保険内容と掛金を比べることもできます。

    常に最新の保険データなのも嬉しいところです。

    所有者が自分名義でない車でも要件さえ整えば売却できます。

    本来提出すべき書類に加えて、現在の名義人の実印が押印された委任状と、印鑑証明書、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。

    このときは、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    その場合は書類も増えますし、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。

    個人で所有する車を手放す時に、買取業者に売却するのではなくて、対個人で売却する方法もありますね。

    売買の間に業者が介入しない分だけ、売却する側はなるべく高く、購入する側はなるべく安く売買契約を結ぶことが可能になります。

    しかしながら、契約書などの手続きを全て個人で行うことになるので手間取ることが目に見えていますし、支払いに関するトラブルが起きる危険性も増すでしょう。

    お金に関することは、できるだけ分割での支払いをしないようにするとトラブルを少なくすることが出来るでしょう。

    いままで乗っていた車を売るためにウェブ上の見積りサイトで査定依頼を出すと、実車査定を勧める電話がひっきりなしにかかってきます。

    そういう事態はなるべく避けたいというのであれば、各社からの連絡先に電話ではなくメールを指定できるサイトで登録することをおすすめします。

    強引な業者ともなれば夜中でも朝でも仕事時間中でさえも常識を無視した電話をしつこくかけてくる例も実際にあることですし、登録したメールアドレスあての連絡以外を受け付けないようにすると、生活や業務に支障を来すこともないでしょう。