トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    買取希望の車の査定基準は、車の年式や走行距離の程度、内装やボディーの傷などの有無や事故歴の有無などです。

    これらチェック項目のうち、車の内装や外装に関しては、買取査定してもらう前に個人でしっかりと清掃を行っておくことで見積金額に良い影響を及ぼすことができます。

    以前事故で修理した箇所がある場合には、嘘をついても査定士の目はごまかせませんから、嘘をつかずに申告してください。

    このベースとなる基準を確認してから、オークションの査定相場金額を鑑みて、実際の査定金額を導き出します。

    これから売ろうとしている中古車の見積額を下げてしまう主要な原因は幾つか存在しますが、一番確実に査定金額が低下する原因になるのは、その車に修理歴があることです。

    車によっては査定金額が0円まで低く査定されてしまう事もあることを覚えておくと良いでしょう。

    そうは言っても、事故などで修理してしまうと絶対に「修理歴車」になるというものではなくて、その車の骨格部分にまでダメージが広がっていて、大きな損傷を修理した場合に修理歴車と呼称するのです。

    中古車買取専門店が査定時に確認することは、大きく分けると車種やボディカラーなどの基本となる事項や、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、車の内部の傷や汚れ、臭いがあるかどうか、過去に故障や事故を起こしていなかったかどうかのチェックなどが挙げられます。

    以上のような項目に該当するものがあればマイナス査定していき、査定が高くなる場合には、新型のカーオーディオやカーナビシステムが搭載されているケースなどです。

    これらの査定結果に加えて現時点での相場価格を考慮して、買取希望者に提示される金額が決定されるのです。

    車の売却査定を依頼する際はあらためて用意すべき書類等はないものの、実際に売却する段階になれば、必要な書類はひとつやふたつではありません。

    売却するのが普通乗用車なら実印と印鑑証明書が不可欠ですし、婚姻による氏の変更や引越しで既に住民票を移してしまっている場合などは必要に応じて提出書類が増えるので手間がかかります。

    中古車屋に売ると決めたら時間があるうちに書類を揃え始めたほうがあとあと楽でしょう。

    乗っていると気になるタイヤの状態ですが、中古車の査定においては価格に及ぼす影響は少ないでしょう。

    例外といえばスタッドレスタイヤで、もしスタッドレスに替えている時は、面倒でもノーマルタイヤに戻した上で売るべきです。

    一般的にはスタッドレスの方が高価なので価値があると思う人もいますが、雪国などでもない限りタイヤをノーマルに戻してから売り出すことになります。

    従ってその手間賃と実費の分、見積額から引いておくわけです。

    手元に普通タイヤがある人ならぜひ交換しておくべきです。

    実際に業者が来て査定する際、より良い査定金額を提示してもらうには、ちょっとした要領がモノを言います。

    営業マンの目的といったら契約にほかなりませんので、提示金額次第ではここで契約してもいいという姿勢を見せて、好条件を引き出すのです。

    営業マンとしても早く契約を決めて車を引き取る日取りがわかれば、今後の販売プロセスが明確になりますから、こちらからの価格上乗せ交渉が成功する確率が高まります。

    車を売ろうとする場合には、買取業者に売ることと、ディーラーに引き取ってもらうこと、個人でオークションに自動車を出品して売る方法もあります。

    オークションに出そうとするときには、車の外装や内装の状態写真や説明をなるべく他人が読んで分かりやすく表記することが後々起こるかも知れない面倒なトラブルを避けることになります。

    それと、画像だけでなく契約が成立する前にじっさいの車を見てもらうことが望ましいです。

    また、それ以外で大切だと思ったことに関しては、書面にしたためてサインや印鑑を押してもらって、二人が持っているようにすれば良いでしょう。

    乗っている車を手放そうとする際には、故障している箇所があるのならば正直に業者に伝えるべきです。

    申告は必要ですが、査定する前に修理しておくことはお勧めできません。

    故障の程度によってマイナス査定にはなるでしょうが、あらかじめ修理することは反対に損をする結果を招くケースが多いようです。

    中古車買取店が故障した箇所を修理に出すときにかかるお金と個人で修理に出したときのお金では、業者が修理に出す方が大幅に安いのです。

    結局のところ、あらかじめ修理した費用以上の査定額アップは望めないため損してしまうのです。

    自動車保有者の全員が加入を義務づけられているのが自賠責保険ですが、この保険は一定の条件が整えば自動車を手放すときに還付金をもらうことが可能です。

    その気になる条件ですが、廃車にする場合で、自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている時です。

    売却するときはお金は戻って来ません。

    更に、保険金の還付があったとしてもオートマチックに口座などに入金されることはないのです。

    保険会社に対し自らが手続きをしてはじめて還付されます。