トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    中古車売買における車の査定基準というものは、その中古車の事故歴や年式、走行距離や内装と外装の状態を見ます。

    これら査定基準のうち車の外装と内装については、事前にしっかりと掃除することで見積金額のアップが狙えます。

    以前事故で修理した箇所がある場合には、嘘をついても査定士の目はごまかせませんから、嘘をつかずに申告してください。

    先に述べた査定基準をチェックした上で、その車のオークションでの査定相場を考慮して、売却予定者に提示する最終的な査定額を決めるのです。

    通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう元となってしまいます。

    でも、以前修理したことがあるすべての車が同様に修理歴車として見積もりされることにはなりません。

    車体の骨格にまで修理歴が及んでいなければ、板金でドアを直してあったりボンネットのへこみを直してあったりしても通常の修理歴車扱いにはなりません。

    ただ、「修理歴車」として扱われなくても、修理した痕跡がある車については査定時に減額されることが多いと覚えておきましょう。

    買い取りする車を査定する時に、走行距離数がどの程度かは大変重要な問題です。

    基本的に走行距離がアップすればするほど徐々に査定額がダウンしていくことになります。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は一般的に多走行車と呼んでいて、マイナス査定の要因になり始める場合が大半です。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には「過走行車」と呼ばれて、車によっては0円査定になる場合もあるのです。

    中古車というのは需要によって値段が上下するのが常ですから、買取り業者が提示した査定金額にはその価格での買取りを保証する有効期限があります。

    実際に何日間の設定がされているかはまちまちですし、算定してくれた査定士にその査定額が保証されのはいつまでか聞いておくと安心です。

    有効期限の設定は、長いところで2週間といったところです。

    ただ、相場の変動が大きい繁忙期の査定では、かなり短期間で設定されていることもあります。

    車の買取業者から代金が振り込まれるのは、正式に売買契約をしてから早くて数日、遅くて1週間といったところです。

    担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、必要な書類が足りなければ本契約したことにはなりません。

    なるべく早く売却代金を得たいのでしたら、査定の前に、車を売ると決心した時点で書類を整えておく必要があります。

    それと、普通乗用車は軽自動車とは必要書類が違い、実印も必要ですから間違えないようにしましょう。

    転居で住所が変更になった人は要注意です。

    いくつかの中古屋の査定額の中で一番高いところを選びたいなら、ネット上にある中古車一括査定サイトの複数社見積りサービスを使うのが一番の近道でしょう。

    スマートフォンからのアクセスにも対応していますから、思い立った時にすぐに査定依頼を出すことができます。

    簡易査定の数字が出たら、高値の業者からいくつか選んで今後の話をすることにして、あとは断りましょう。

    たまに執拗な勧誘を繰り返す業者がいますが、そのようなところはあとで嫌な思いをしないためにも早いうちに断るほうが良いかもしれません。

    自分が乗っていた愛車を売却する際には、できるだけ事前にきれいに掃除してから査定に出すことが大切です。

    きちんと掃除してから売った方が良い理由には2種類あります。

    1つめは車の扱いが丁寧なオーナーであると業者にアピール出来る点です。

    2つめは、車内にこびりついた汚れを落とすことでいやな臭いも少なくなるからです。

    ペットを乗せたり煙草を吸ったりしていた車は、その具合によっても異なりますが、査定額に大きく影響すると考えて良いでしょう。

    嫌な臭いの原因になっているものは車内の汚れですから、細部にわたって掃除を行うことで臭いを軽減することが可能です。

    当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、ボディにキズや凹みは無い方が良いでしょう。

    傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、プロが見たら修繕前よりも却って傷が目立つようなことがあるため自分で直すのはよした方が無難です。

    いつの間にかついてしまうとても目立たない傷などは、マイナス査定されないことも良くあります。

    素人で自動車修理をしたことが無い人の場合は、大変な思いをしてまで補修しようとせずに、下手に修復せずに査定に出した方がベターです。

    大きな契約の時には特に、充分な注意力を払っているでしょうがそれでもなお、予期しないトラブルに巻き込まれてしまうことがあるでしょう。

    自動車を売却する際にたまに遭遇する案件として、売却成立後に何か問題点が見つかったので買取金額から差し引くケースがあるので注意した方が良いでしょう。

    売るときに事故や故障の履歴などを隠していたのならば悪いのは売り手側です。

    自分に落ち度が何もない場合には、見積もり時に見落とした方が悪いので、売り手側に責任がないのですから承服しなくても良いのです。