トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    いくつかの業者から見積もりを出すことを一般的に相見積もりを取るといいます。

    これをどこにいても実施できるようにしたのが、ネットで行う無料中古車一括査定サイトなのです。

    それから、この相見積もりは、同日同時刻に多くの査定スタッフに実査定をしてもらって、総合的な見積金額を表示してもらうという意味も含まれています。

    中には相見積もりをお願いすると断られるところもあるようですが、受け付けている買取業者は多いことでしょう。

    持っている車を売ろうと決心したときには、先ずした方がベストなことと言えば、今のところ車が一体どれくらいの査定相場なのか分かっておくことです。

    相場が判明していれば異様に安く買い取りされる危険性を大分減少させることが可能ですし、前もって調べた買取相場よりも高く査定してくれたお店に直ぐにそこで契約まで進んでも構わないでしょう。

    複数の買取業者にWeb上からアクセスして一括査定できるページが存在するので、そのサイトを利用すれば自分の車の相場価格が分かります。

    都合で買取店に行く暇が取れない人でも、車の査定をネット上で可能なサイトはあっちにもこっちにも出来ています。

    もっと具体的な査定額に関して言えば査定士が現実的にその車の状態を見積もってみないことには算定不可能でしょうが、数多くの会社の査定金額が瞬時にわかるので、その時点での相場価格の概算を把握できるのでとても便利です。

    さらには、相場の価格から大きく離れた値段を算出した買取店舗を現実的な売却店の候補から外すことができるので便利ですね。

    車を売るならまず下準備を整えておくと、気持よく査定も迎えられますし高い値段で引き取ってもらえる可能性が高まります。

    準備というと大げさな気がしますが、車内外の掃除は不可欠です。

    それと、いわゆる改造車(パーツ交換した車)であれば、本来のパーツに戻しておくことが大事です。

    ほとんどの業者の査定では純正パーツの車は好まれますし査定額にも影響してきます。

    最後に、もしなるべく短時間で売却したいという時は、売却先を決める前に契約時に要求される書類を用意しておくと手続きがスムースです。

    中古車を売却した場合、業者からの入金はその車の売買契約を結んだ日から一週間程度かかるのが普通です。

    訪問査定当日に契約を約束したところで、必要な書類が足りなければ本契約したことにはなりません。

    なるべく早く売却代金を得たいのでしたら、査定の前に、車を売ると決心した時点で先行して書類集めをしておくと手続きが早く済みます。

    必要な書類は軽自動車と普通乗用車の場合とで異なりますから、注意してください。

    また、住所や姓などの個人情報が変わっている人も別途書類が必要になります。

    個人レベルでどれだけ頑張ろうと、車の扱いに長けた査定士からすると車の修理歴、ましてや事故歴などは隠しきれるものではないです。

    隠蔽行為は業者を騙すのと同じことで、そうなると価格交渉どころではありません。

    査定では誠実に告知することが求められますから、虚偽申告は不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。

    実際、契約書の中にも告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。

    家族名義の車や別居の親族の車なども買取業者などに売却することは可能です。

    普通の売買手続きで必要な書類に加え、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、車を誰が誰に譲渡したのかという譲渡証明書が不可欠です。

    しかし所有者が既に亡くなっている際は、譲渡証明書も委任状も書けませんし、そもそも印鑑登録も無効です。

    このような場合は、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。

    状況次第で要求される書類は異なりますが、故人所有の車の場合はかなり手間がかかると考えて間違いありません。

    3月や9月の企業の決算時期やボーナスの出る時期など、要らなくなった車を手放すのに適した時期というのは存在します。

    中古車市場での需要が高まる季節には需要と同時に買取の相場も上がるのです。

    高く売れるタイミングがあったとしても、自動車を売却しようと思ったときが高値で取り引きできるであろう時期とかなり離れていた場合に、その時期が来るまで待った方が良いとは言いきれません。

    当たり前ですが、自動車売却を遅らすことで年式はドンドン上昇していきます。

    相場が上がったことによって査定額もアップするでしょうが、愛車が型落ちして価値も下がることの方が大きくなることも予想されるからです。

    頑張って複数の会社に査定してもらったのに買い取ってくれる会社が見つからなかったら、多走行車や事故車など廃車寸前の車を主に扱う業者に声をかけてみるのもありです。

    他店で敬遠されがちな車でもそういった業者であれば、それなりの値段をつけてくれる可能性が高いです。

    あとは廃車という選択肢もありますが、陸運局や解体屋に行って時間をとられるよりは、業者に依頼してしまったほうが早いです。

    廃車業者を利用するメリットは、面倒な廃車手続きの代行だけでなく、基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。