トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    売りに出す車を少しでも良いから高く買ってもらいたいのが皆の共通の願いでしょう。

    そんな時は、これから査定に出すぞというときに思いっきりクリーニングしておくと良いでしょう。

    事故歴や過去に修理してもらった場所は消去不可能ですし、自分で言わなくても分かってしまうのです。

    しかし、車についた汚れや臭いなどに関しては個人の力である程度は消滅可能なのです。

    中でも喫煙の習慣があった人は、タバコの臭いが嫌われることを念頭に置いて、査定が低くならないように消臭することを心掛けましょう。

    中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、見積額が少々上がるという噂があります。

    当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をして車のボディーの傷や汚れなどが見にくくなるから有利であると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

    しかしながら、そういったことで高く見積もりをするほど担当者も甘くはないのです。

    それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、普段よりも幾分低い査定をされてしまう可能性だってあるのですよ。

    程度にもよるので一概にはいえませんが、煙草の臭いが車内からするときには中古車売買の際にはマイナス査定の対象になります。

    喫煙の形跡がある車というものは、タバコを吸わないユーザーには絶対的に売れないからです。

    これらのたばこ臭さの元凶になっているのは、ヤニ汚れで、その車のどこかに付着しています。

    売却する前にその車を一生懸命に掃除してあげれば、かなりの部分でタバコ臭を軽減できるはずです。

    年式を問わず車体の外装のキズ、へこみ、塗装剥がれ(浮き)は、買取のための査定を行う時点で隅々まで確認されるのが普通です。

    減点対象となるのは誰が見てもわかるような外観の瑕疵であり、乗っていれば普通につく薄い傷程度ならあまり査定には影響しないようです。

    それから、傷を気にしてリペアに出すべきか悩む人は少なくありませんが、修理代を上回るほどの査定額アップは極めて少数でしょう。

    個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。

    買い替えや処分などで車を手放す際に考えられる選択肢は、下取りと売却の2種類に尽きるでしょう。

    売りに出すなら出来るだけ多くの買取店舗から相見積りをとることで業者間の競争心を煽り、下取りに比べ利益を得やすいというメリットがあります。

    ではディーラーによる下取りはどうかというと、どことも競う必要がないため、もしかすると安く買い叩かれてしまうかもしれません。

    けれども一箇所ですべての手続きが終わるという利点もあります。

    一概にどちらが良いかは言えません。

    ネットの車売却一括見積りサイトを利用して車を売ろうとすると、登録後にたくさんの加盟店からの電話連絡が入るでしょう。

    見積り金額には幅があるから、現状確認をするために訪問査定に来たいという内容ばかりです。

    何度もしつこく電話を入れてくる営業マンもいないわけではないので、断るのが大変ならもう売却済みですと伝えるのも得策で、こう返答するとまずかかってきません。

    もしくは、電話連絡なしの設定が選べる見積サイトを使うと、こうした事態は避けられます。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、現実にその車を売却する際には何点か書類を用意することになります。

    一般的な普通自動車の売却に際しては車検証以外に実印および印鑑証明書、自賠責保険証やリサイクル券、納税証明書を用意しなくてはなりません。

    万が一納税証明書を紛失してしまった時には、売却する車が軽か普通自動車かで再発行をお願いするところは異なってきます。

    売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、軽自動車だったら役所の窓口に行って再発行の手続きを取るようにしてください。

    自動車を売ろうとする際に、業者に売るのではなくて、業者ではなくて個人に売るという場合もあるでしょう。

    中間業者が入らない分、双方が得するように売買契約を結ぶことが可能になります。

    双方に利益があると言っても、契約に関することは全部個人間でのやり取りですから非常に手間がかかりますし、金銭関係でトラブルになるかも知れない可能性が高まります。

    金銭面に関して言えば、極力一括払いでお願いするようにするとトラブルを避けることが出来るようになりますね。

    自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも売却する方法がないわけではありません。

    売るとすれば、車を売ろうとしている人が車検証の所有者本人である場合に限られます。

    そこにまだローン会社の名前が記載されている状態では、残りの債務を返済しつくすまではローン会社所有の車ということになりますから、ローンが終わってからでなければ売ろうにも売ることが出来ないのです。

    もし返済中の車を売るのなら、ローン会社から特別に許可を得れば、売却と同時にその利益をもって完済するという方法もあります。