トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    自分の車を買取業者に査定に出して、提示された金額がどうも腑に落ちないときに、断っても良いのです。

    たくさんの買取業者の査定金額を比較して1円でも高く売れるところを確認してから売る方が良いに決まっています。

    反対に、売買契約書を締結した後からのキャンセルはできないか、受け付けられても損害賠償がある場合が多いと思ってください。

    詳細は取り引きの際の契約書に明記されていますから、全文をしっかり熟読した上で契約するようにしてくださいね。

    車の買取を専門にする業者の中には特徴があって、軽自動車を専門的に扱ったり、輸入車や事故車を扱うなど、限定された車種の販売が得意だったり、または専門的に扱っている買取業者があるのです。

    たとえば買取希望の車種が軽自動車の場合、当たり前ですが、軽自動車販売が得意な店舗に依頼した方が高く引き取ってもらえる可能性が出てきますよね。

    特定ジャンルに長けた業者は一括査定サイトを利用した場合に、一般的な会社よりも少々高値を提示してくるため、そこで判別可能です。

    買取希望の中古車のおよその査定金額を知りたくなったら、ネットを介して車の一括査定サイトを使って知る手段もありますが、メーカーのホームページ上で参考になる査定額を知ることも可能です。

    その自動車メーカーのサイト上なら名前などの個人情報を全然記載せずに売却希望の車の年式や車種などの基本情報のみで確認可能なところもあるので、一括サイトを使って査定したときのように勧誘の電話攻撃に悩まされることはなくなります。

    満足できる査定結果が得られ、あとは契約するだけとなったら、必要に応じていくつかの書類を整えることになります。

    普通車と軽自動車では印鑑や書類の種類も違うので注意しなければいけません。

    必要書類は車検の際にも必要なので一緒に保管している人も多いでしょうが、車検証、リサイクル証明と自賠責保険証、そして納税証明書ですが、紛失している場合は再発行してもらってください。

    それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。

    しかし軽乗用車に限っては実印ではなく市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。

    業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、業者の査定ではマイナスとなります。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、値段がつけられないと言われることも多いです。

    かといって車の価値がゼロ円だのといったわけではなく、まだ道は残されています。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、それなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の不安、疑問、トラブルといった諸問題の相談がきます。

    そして個人から業者への売却に関する事例は増える一方です。

    一例を挙げると、買取一括査定サイトを通じて依頼したら夜間や仕事中にも電話がくる、居座られて契約をせざるを得なかったなどです。

    一人ではつけこまれやすいので、変だと思った時点で、冷静な第三者に相談する事がまず第一です。

    現実の査定に出して示された金額は、永遠に有効なわけではありません。

    日々変動しているのが中古車相場ですから、査定額には一定期間の保証を付けている買取会社がほとんどです。

    売却予定車の査定金額を見せられたときに即決できないときは提示された査定額の有効期限がいつまでなのか事前に必ず聞いておくべきです。

    いつまで有効かについては相談して伸ばすこともできるでしょうが、あまり長い期間同じ査定金額で買い取りして欲しいと交渉するのは難しいでしょう。

    自分が持っている車を見積もり査定に出すときには、傷などが大きく目立つと見積もり時に減額対象となってしまうでしょう。

    このようなときに、自己流で修理してしまうのはあまり良い方法ではないのです。

    自動車修理の技術が優れていなければ、パッと見た際にはキレイに見えたとしても専門家の目で見るとそれ程綺麗に修理されていないケースもあるのです。

    しかし、査定に出す前に修理に出すのが良いということではないのです。

    プロの腕で修理した費用分以上に見積額が高くなるとは考えられず、修理に出す手間がかかる上に割に合わない結果となってしまうからです。

    自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、実際に売ろうとするときには幾つか書類を用意する必要があるのです。

    売却したい車が普通自動車ならば車検証以外に自賠責保険証や納税証明書やリサイクル券、ほかにも印鑑証明や実印を用意しなくてはなりません。

    これらのうち納税証明書の紛失に気付いたときには、軽自動車と普通自動車では納税証明書の再発行を依頼するところは異なってきます。

    売却する車が普通自動車ならば都道府県の税事務所で、軽自動車だったら役所の窓口に行って再発行の手続きを取るようにしてください。