トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    車を買取店に持って行って査定してもらった時に、査定額が付かないと言われることがあります。

    売却予定の車が走行距離10万km以上だと過走行と呼ばれる状態で査定が0円だったり、大きな事故を起こして修理したことがある車などは買い取り金額がつかない可能性が出てくるのです。

    幾つかの中古車販売店で査定をお願いしてもどの業者でも査定金額が出ない場合でも、廃車にすることを前提として買い取る業者にお願いする事が可能ですので、気落ちして売ることを断念することもないでしょう。

    買取に出そうと考えている所有車に全く馬鹿にしているような査定金額を出されたら、売却は不可能だと正直に話しても良いのです。

    査定の申し込みをしたからと言って、どうしても契約しなければならない決まりはないのです。

    はじめの段階の査定金額ではうなずけないと伝えるとそのときから、もっと値段を上げてもらえる可能性が高まるかもしれませんし、そこ以外の店舗に行けばもっと高い査定をしてくれる可能性もあるのです。

    自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。

    「修理歴車」は通常、事故車と呼ばれていますが、査定時に大きく減額されてしまう要因となってしまいます。

    かといって、査定前に修理したことがある全部の車のことが一様に修理歴車と見なされるわけではありません。

    車の骨格に相当するところまで修理されていなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしてもとくに修理歴車になるわけではないのです。

    でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。

    天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、査定対象となる車のヘコミや傷が目立たなくなるため、本来の価値よりも高めの査定額になりやすいとする説があるのですが、見落としやすいからこそ逆に天候に左右されない査定を身に着けている可能性は高いです。

    それに晴れだってメリットがないわけではありません。

    洗車済みの車は明るい晴れの日のほうが新しく美しく見えます。

    査定士にしたら天気の差などは微々たるものですし、違いがあるとしても一長一短ですから、そこまで天候にこだわる必要はないでしょう。

    乗用車を売却するにはまず査定を受ける必要があります。

    一口に査定といってもやり方は簡単に分けると2種類です。

    まず、広く知られているのはディーラーによる下取り査定でしょう。

    なにしろ手軽なのは言うまでもなく、代車を手配する必要もないという気楽さが魅力ですが、競争原理が働かないため中古車買取り業者と比較すると買値は安くなりがちです。

    では中古車買取業者に査定依頼するとどうなるのかというと、少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、買取価格がディーラーより上がるのが普通です。

    もしチャイルドシートをつけたままの自動車を査定するために業者が来るのであれば、はずしてから査定に臨む方がいいです。

    チャイルドシート類はどこの業者の査定でも無関係なのが普通だからです。

    もともとチャイルドシート自体はUSEDで探している人も多いですから、それだけで売りに出してもきちんと値段がつくものですし、美品のブランド製品などはこちらが思っているより高額で売れることがあります。

    たとえ新しかったり高級車であっても事故歴があったり、過走行車と呼ばれる総走行距離が10万キロ超の車の場合、市場のニーズが見込めないため、業者側でも値段をつけられないというのが実状です。

    中古車屋への売却が不可能となると、残された道は2つです。

    廃車(永久抹消登録)にして「鉄代」を解体業者から受け取る方法もありますし、そのような車を専門に扱う業者に査定を依頼する方法があります。

    専門業者ならではの方法で再利用可能なパーツごとに個別に査定を行うので必ず値段がつきます。

    時間と労力、金額のどれを優先するかを考え、目的に合った方法を選ぶと良いでしょう。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、査定金額に上乗せされることが多いでしょう。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、残り期間が数ヶ月しかなくなってしまうと見積額に影響することはほぼなくなるのです。

    しかしながら、査定金額を高くしたいが為に車を手放す直前に車検を通しておくことは無意味といって良いでしょう。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。

    年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。

    しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、古い年式の自動車だったら1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    自動車を売るときにはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと調子を崩すことが多くなってきます。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、単純に走行距離数が少ない方が査定額アップが大きいとは言えなくなってきます。