トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    なるべく丁寧に乗車していても付いてしまう少々の傷やへこみ等は、マイナス査定にならないケースがほとんどですから、あまり気にすることはありません。

    例えば、キズに爪が引っ掛かるほどのものや明らかにへこみがある場合、さらには塗装がはがれていたりすれば査定はマイナスになるでしょうが、それを回避するために個人で直したとしても修理費以上に査定額がアップされることにはなりません。

    近頃、中古車販売の大手において一般の方向けの車査定アプリケーションを売りに出していますが、プロ向けの業務用査定支援アプリケーションもあるのです。

    たとえ査定業務にあまり携わったことがない人でも簡単に中古車の査定が可能になるアプリです。

    専用の機械とプロ用に開発されたアプリケーションを一緒に使えば、今から査定するつもりの車の以前に修理していたかどうかが瞬時に分かってしまう機能がついている場合がたくさんあるのです。

    ほんの少しでも安く買取をして、ほんの少しでも高く売却するのが中古車を売買する営業マンや査定士の仕事ですね。

    買取販売店の従業員のセールストークを全部信用しきってしまうと、売買相場よりも買い叩かれることもあります。

    前もってその車の査定金額の相場が幾らぐらいになるかを調査しておき、事前調査の価格よりも低く提示された場合に自分から交渉する心構えをしておくとプロの売り文句に惑わされにくくなるでしょう。

    車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、いわゆる過走行車という扱いになり、査定サイトなどを使って売ろうとしても値段がつけられないなどというケースも多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    そのような場合は一般的な中古車買取り業者は避け、事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている業者に相談するという手があります。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、先々のことを考えて相応の下取り価格を出してくる可能性が高いです。

    パーツを交換したり付加するといったいわゆる改造車は、中古車市場ではあまり良い査定を得られないと言いますが、現物や店舗次第という感じです。

    改造パーツといえども評価が高くて人気があれば場合によっては加点も期待できます。

    とはいうものの、後付けパーツですから本体とは劣化の仕方も違い、状態が悪ければ外す必要があるので、減点は避けられません。

    趣味に走りすぎたものや使用用途が限定されたものも市場ニーズが見いだせないため、減点の対象となります。

    減点対象は少ないほど良いので、改造車は極力ノーマルの状態にして査定を受け、改造パーツは単品で売却するのがおすすめです。

    過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、車に損傷が生じた場合、のちのち車を下取りに出そうにも、事故歴のある車として扱われ、そうでない車とは比べ物にならないほど低い査定額になってしまう場合があります。

    事故の原因となった相手に賠償を要求できれば良いのですが、交渉次第で可能な場合もあれば、ダメなこともあります。

    保険だけで解決しようとする場合、当事者間で話し合っても当の保険会社としてはそこまで支払い対象にすることはまずありません。

    どうしてもというのであれば、裁判も辞さない覚悟で弁護士などと話し合ったほうがいいかもしれません。

    月々のローンの返済がまだ残っている場合でも売ろうと思えば車を売れないこともありません。

    ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じである場合に限られます。

    まだ名義がローン会社になっている場合は、完全にローンを返し切るまでは実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、返済終了後に所有者の名義を変更してからでないと売れないということになります。

    しかし、ローン途中でどうしても売却したい時は、ローン会社に申請して許可が出れば、売った代金で残債を消し込むのを条件に売却することもできます。

    最近販売されている車ははじめからカーナビシステムがついているのがほとんどと言えるでしょう。

    カーナビが標準装備になったことで、カーナビが付いていてもさほど査定額に影響を及ぼさなくなりました。

    例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときには査定額アップが望めるでしょう。

    カーナビを外すのにさほど手間がかからないのならば、買い取りに出す前に外してしまって別途オークションに出品した方が得になるケースも出てくるでしょう。

    基本的に自動車の査定時において、キズや凹みが目立ってしまうと査定額がダウンするのは避けられませんね。

    このようなときに、自己流で修理してしまうのはあまり良い方法ではないのです。

    自動車修理の技術が優れていなければ、パッと見た際にはキレイに見えたとしても修理箇所を専門家が見たらそれ程きちんと直っていない場合も多いのです。

    しかしながら、売却前に修理を通した方が良いということではないのです。

    キレイに修理するためにかかった金額以上のプラス査定は期待できず、最終的には損をする結果になってしまうのが明白だからです。