トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    一般的な中古車買取専門店が査定の際に確認する項目は、おおまかに説明すると車種や車体の色などの基本性能、ナンバープレートなどを含めた外装のキズの状態や走行距離、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、故障や事故などがあったかどうかの確認等があります。

    以上のような項目に該当するものがあればマイナス査定していき、査定アップする場合としては、たとえば最新式のオーディオやカーナビなどが付いている場合です。

    以上の結果と今現在の査定相場を総合的に判断して、買取希望者に提示される金額が決定されるのです。

    専門家の査定士には単純な嘘はすぐにバレるので止めましょう。

    良くあるケースでは、事故歴や修理歴のある車なのに、査定金額が低くなってしまうのが嫌で嘘はちょっと調べれば直ぐに判別がつきますし、ウソをついてしまったという事実があると信頼関係を担当スタッフと築こうなんて事はもう無理難題です。

    その結果として、通常よりも低めの査定額を付けられてしまう可能性も存分に考えられるので、査定する車の状態については隠し立てしないようにした方が良いですね。

    売却希望の車を見積もりする場合には、カーナビゲーションシステムなどのオプションがついていると査定額が高くなる傾向にあります。

    しかしながら、最近発売された車にはカーナビが付いていない方が珍しいので、新しい型のカーナビシステムが付いていないと大幅な査定金額のアップは望めないでしょう。

    そして、同じ理由によってもしも、カーナビがない場合には査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    個人レベルでどれだけ頑張ろうと、車の扱いに長けた査定士からすると買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。

    事実を隠すという行動は買取業者に対して詐欺を働くのと基本的には同列のことですから、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、事実が明るみに出た時点で全額返金を求められることもあり得るのです。

    こういった事態に対応するために、契約書に目を通すとこの件に触れた文章があるはずで、言い逃れはできません。

    国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の不満やトラブルの報告があがってきます。

    近年はとくに売却(買取)絡みの電話が右肩上がりに増えています。

    よくある例としては、買取一括査定のサイトを利用したら、夜間や仕事中にも電話がくる、居座られて契約をせざるを得なかったなどです。

    おかしいなと思ったら、消費問題に詳しいプロなどに話してみるのが大事です。

    諦めてはいけません。

    自分自身で車を運転して、中古車の買取りを行っている店に行ってその場で実車査定を受けるなら、もしかすると待つことになる可能性はあるものの、飛び込みOKというところが多いです。

    けれどもこうした場合はまったく相場を掴まずに価格交渉することになります。

    つまり本来の価値より低い価格で買われてしまうこともあります。

    スピード重視ならそれもありかもしれませんが、本来は複数の業者に出張査定してもらい、多くの見積りをとるほうが価格面で良い結果が得られるので、いま一度考えなおしてみましょう。

    自分の車を買取会社に買い取ってもらうのと、ディーラーに下取りしてもらうののどちらが良いかは、何を一番に考えているかによってお勧め度が変化します。

    簡単に手続きが済むことを優先するならば、ディーラーに下取りに出した方が簡単です。

    新規に車を買うことと手持ちの車を売ることの両方が叶うので、なにより簡単です。

    時間や手間を惜しむのではなくて、少しでも高価に中古車を買い取ってもらいたいのならばディーラーよりも中古車買取業者にお願いする方がベストな選択です。

    いくつかの業者に複数の見積もりを出してもらうことで、査定額を上げることも可能になります。

    自分が車のオーナーであると、あまり乗らなくても維持費がかかると悩む方は多いのではないでしょうか。

    じっさいに利用可能なバスや電車などが自宅の周りに多く存在し、自分で車を所持しなくてもそれ程大変ではないのならば売却することで大幅な節約になるでしょう。

    車を維持するためにかかる費用の内容としては、車検や定期検査の料金、自動車税や自動車保険代金、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。

    以上の合計を鑑みると、およそ年間数十万円にもなる場合だって珍しくありませんからビックリですよね。

    自分が所有している車を買い取ってもらって、直後に売却金を受け取りたい場合には、売却金を即金対応してくれる業者を探しましょう。

    業者によっては大々的に「即金対応できます」と宣伝していないところもありますが、相談に乗ってくれる店舗も存在します。

    そうは言っても、その場で現金を持ち帰りたいという時には、より高い見積金額は提示されなくなる可能性が高いことを覚えておいて下さい。

    即金で持ち帰りたいのか一円でも高く売りたいのか、優先順位はどちらが上なのかを判断して、後者が優先順位が高かったら即金対応にばかり固執するのは損することになりますね。