トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    できれば車の査定を申し込むなら夜間や雨が降っている日の方が良いという人もおり、少々査定額が高く出るという説が世の中にはあるようです。

    当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をしてキズや汚れなどがあっても分かりづらくなると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

    でも実際は、見えにくいからという理由で査定をアップさせるほど担当者も甘くはないのです。

    甘めの査定をすると言うよりも、万一本当に気付かなかったときのことを考えて、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。

    車を買取店に持って行って査定してもらった時に、ゼロ円査定になってしまうこともあるでしょう。

    一般的に、過走行(走行距離10万キロメートル越え)の車だったり、事故の状態が大きくて修理の後も大きい場合などは0円査定になってしまうケースも良くあることです。

    幾つかの中古車販売店で査定をお願いしても一様に査定金額がゼロ円だった際にも、廃車にすることを前提として買い取る業者に引き取ってもらう方法もあるので、その車を売ることを止めてしまう必要はないのです。

    なるべく手持ちの車を高く売ろうとして買取業者と査定額の交渉を自分でするときに大切だと思われることは、こちらから軽々しく価格を口にしないことでしょう。

    前もって査定相場の金額を確認しているのならまだ良いのですが、チェック済みではないのならば自分で相場よりも低めの価格を提示してしまうかもしれませんので、このようなときには絶対損をします。

    査定金額についてちょっとでも業者と交渉しようと考えているならば、前もってしっかり相場価格を把握しておく必要があるでしょうね。

    査定結果に納得し、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、複数の書類が必要になりますから、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。

    また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。

    基本的に車検時に必要なものと同じですが、まず車検証、リサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

    それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。

    しかし軽乗用車に限っては実印ではなくスタンプ印以外であれば認印で構いません。

    よって印鑑証明書も不要です。

    実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も買取額の見積時にかならずチェックされるはずです。

    見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、普通に走っていていつのまにかついているような小さな傷でしたら、「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。

    それから、傷を気にしてリペアに出すべきか悩む人は少なくありませんが、修理代を上回るほどの査定額アップはないと言えます。

    業者は大量発注で安い費用で修理できますし、あえて傷ごと業者に委ねた方がトータルでプラスになります。

    買取業者が来ていざ実物の査定をするとなると、車内に喫煙臭や動物(ペット)臭が残っているとマイナス点をつけられてしまいます。

    さほど臭わないと思っていても自分はそこに馴染んだ状態になっていて他人に指摘されて初めて気づくことが多いです。

    こういうものは第三者の方がわかるので、身近な方に確認をお願いするのも良いかもしれません。

    消臭剤や芳香剤を使用しても消し切れるものではありませんから、拭き掃除をしっかり行い、発生源を断つことが大事です。

    自己が所有する中古車を売ろうとするときには、もし故障しているところがあったらスタッフに言うべきです。

    だからといって、査定前に修理することを勧めているのではありません。

    どのような故障かによってマイナス査定される程度は異なりますが、それでも前もって修理に出しておくことは反対に損をする結果を招くケースが多いようです。

    買取業者が故障車を修理に出す費用と個人で修理に出したときのお金では、個人で修理に出す方が俄然お金がかかります。

    結局のところ、あらかじめ修理した費用以上の査定額アップは望めないため損してしまうのです。

    全部というわけではありませんが、自動車を売却したお金は課税対象となることがあるのです。

    所有者が個人だった自動車であり、通勤専用車であれば所得税はかかりません。

    レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、課税対象になって所得税を支払うかもしれなくなります。

    詳細を述べると、買った金額を売った金額が50万円以上上回った時に課税対象になります。

    個人が仕事でも使っているような場合には、別に決まりがあるので、不明な点は確定申告の際に税務署のスタッフに聞いてみてください。

    9月や3月の会社の決算時期や一般人にボーナスが入る季節というのは、不要な車を売るのに適したタイミングはあるのです。

    中古車市場で車を買いたい人が多くなる時期には一緒に買取価格も上昇するからです。

    高く売れるタイミングがあったとしても、自動車を売却しようと思ったときが決算時期やボーナス時期とかけ離れていた場合に、これらのタイミングまで待った方が良いわけではないのです。

    当たり前ですが、自動車売却を遅らすことで年式はドンドン上昇していきます。

    相場が上昇したことによって買取価格も上昇するでしょうが、年式が進んだことによる査定額ダウンの方が大きくなる可能性だって考えられるからです。