トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    複数の査定業者から見積もりを出してもらうことを一般的に相見積もりを取るといいます。

    相見積もりを何時でも何処でも簡単に行えるのが、Webで利用可能な車の一括査定サイト。

    それに加えて、相見積もりという言葉の意味には、一緒に同じ時刻にたくさんの査定スタッフに現実的に車を見積もってもらい、総合的な見積金額を表示してもらうという意味も含まれています。

    中には相見積もりをお願いすると断られるところもあるようですが、大部分は相見積もりをOKして貰えることでしょう。

    なるべく車の査定は夜や雨降りの日にした方が良いと言う人がいて、幾らか見積もりが高くなると言う噂があります。

    当たり前かもしれませんが夜は暗いですし、雨だと水滴のせいで外装の汚れや傷などが分かり難くなるということから夜などに査定を依頼した方が良いと言われているようです。

    そんな説があっても、じつのところそれで高値を付けてしまうほど甘い査定をする店舗があるわけはないのです。

    反対に、自分がミスしたときのことを考えに入れて、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。

    売却予定の車に傷などがある場合にはマイナス査定されることが多いです。

    しかし、マイナス査定を避けようと前もって個人修理することは止めた方が無難です。

    査定前に個人で修理しても、自分で修理するのにかかった費用以上に見積もりの額が高くなるケースは大変少ないといって良いでしょう。

    買取希望の車を自分で直すより、その中古車を引き取った後に、販売店の方で提携の修理業者にお願いした方がコストを抑えることができてしまうからです。

    査定士が実車を査定するときは所有者が臨席しなければならないなどというルールこそないものの、やはり本人不在で起こりうるトラブルを回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、実車査定には所有者が同席するようにしましょう。

    たちの悪い業者だと、人が見ていないのを幸いとばかりにこっそりキズをつけて安く買い叩く業者もいるそうです。

    雨が降っている日や曇っている日の夕方などは、ボディのキズが見えにくいので本来の価値よりも高めの査定額になりやすいとする説があるのですが、見落としやすいからこそ拡散タイプや高輝度のポケットライトなどを使い分け、しっかりチェックされてしまいます。

    自分で洗車する人ならおわかりでしょうが、洗車して磨き上げた車は晴天ではさらに美しく見えます。

    ちょっとした自然条件の違いではありますが、それぞれ短所もあれば長所もあるわけで、いまさら査定日と天気を関連付けて考える必要はあまりないでしょう。

    個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり1万キロ前後と想定されています。

    走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって査定時にもその程度ごとに減点対象となり、10万を超えた車は過走行車と呼ばれてタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっていることも充分考えられるからです。

    中古自走車を売却する際には、車庫証明はいりません。

    中古車売却の際には必要なくても、新規に購入した自動車に対しては、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    車庫証明に関して言えば、購入店側で代行してくれる場合が多いでしょうが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    多少面倒な手続きではありますが、手数料分が節約できますから、自分で行っても良いでしょうね。

    手続きをするときには、前に乗っていた車はどうなったか説明しないといけないので、必要書類としては売買契約書が挙げられるでしょう。

    車の売却を勧める買取業者からの電話攻勢が激しくてストレスがたまって仕方ないこともあるでしょうが、多くの買取店で査定をしてもらうことは幾らかでも高く自動車を売りたいと考えているならやった方が良いでしょう。

    査定額の相場がわからないと価格交渉すらできずませんし、査定金額の相場が分かるためには幾つかの買取業者に査定してもらうのが一番ですから。

    今すぐに売却を希望されればお得ですよ、などの営業トークに半分騙されて即決してしまうのはいささか早急です。

    何はともあれ焦らないことが、自動車を高く売却するコツと言っても良いでしょう。

    車の売却を済ませた後から、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を理由として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除などを通達してくる事があるのです。

    もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら自分の方が非難されるべきですが、中古自動車査定士が傷などを見落としていたことによるものならば自分が非難される筋合いはないでしょう。

    どうしても納得いかないときには、消費生活センターや国民生活センターなどへトラブルが起きていると相談することが最善でしょう。