トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    手持ちの車を買い取りに出すときに、その車の車検がまだ1年1ヶ月以上残った状態ならば、業者によっても違ってくるかもしれませんが、約数万円程度のプラス査定になるでしょう。

    しかし、車検の残りが一年以下の場合では車検までの期間に応じて査定金額が変動したりすることはありません。

    残りの車検が長い方が査定に良い影響を及ぼすといっても、実際に売買する直前に車検を通しても車検を実施する費用以上の金額が査定金額に足されて得することは無いのですから、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    一般論を言うと、買取業者から中古車売買に関する査定書を出してもらうことは難しく、査定書を出して欲しいと言ってももらえない事の方が多いです。

    資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで詳細な査定金額が明記された証明書が欲しくなったら、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)にその車の査定額を見積もってもらわないといけません。

    自動車査定協会の支店は国内に50ヶ所以上存在していて、有料での査定になっています。

    さらに、少々面倒ですが、事前予約制となっているのです。

    車体に凹みやキズがある中古車は低い査定金額を提示されることがほとんどです。

    でも、それを避けようとして前もって個人でキズなどを修復することは止めた方が良いでしょう。

    査定前に個人で修理しても、修理に要した費用以上に査定額が上昇する場合はあまりないからです。

    自分で直そうとするよりも、その中古車を引き取った後に、販売店の方で提携の修理業者にお願いした方が費用を抑えることができるというのがその訳です。

    乗っていると気になるタイヤの状態ですが、中古車の査定においてはさほど価格に影響を及ぼすものではありません。

    とはいうものの、もしスタッドレスを履いているままなら、ひと手間かけてでもノーマルタイヤにしてから売りましょう。

    スタッドレスは高価ですが、雪国などでもない限りいちいち業者の方でノーマルタイヤに交換したあと販売する必要があります。

    結局、その手数料として差し引いた額が買取額となるので、できれば交換しておくほうがオトクです。

    車の査定を一社でなく複数の業者にさせるというのは、車を高値で売却する上で非常に有効な手段です。

    しかし「多くの業者」と言っても具体的な数となると、一概には言えないところがあります。

    多数の見積り額を集める意義は、売却の指針となる相場をつかむことであると同時に、競争原理による高い値付けが期待できることに尽きます。

    そこさえ押さえておけば、どれだけ多くの会社に依頼しようと意義があるということになります。

    時間と手間を考慮して決めると良いでしょう。

    マイカーを売却する際は現物を見て査定してもらう必要があります。

    査定の形式は、おおまかに言って二つに分けられます。

    一番多いのはディーラーによる下取りで、これは買い替えが大前提です。

    簡単ですし普段から車を使う人にとっては足がない期間の心配が要らないので良いのですが、下手をするとディーラーの言い値になるため結果的には買取業者に頼むよりも買値は安くなりがちです。

    あと一つは中古車一括査定サイトを使い、業界各社から見積りをもらうことです。

    少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    しかし、あくまでも目安ですから、年式が旧型ならば大抵の場合年間走行距離数はもうちょっと短いのが通常の考え方です。

    車を買い取りに出す場合には走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

    しかしながら、機械というものはずっと動かさないでいるとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    走行距離数があまりにもその車の年式と釣り合わないと、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。

    車を買い換えたいときに、ディーラーに下取りに出すのと買取業者に売るのとのどちらがいいかは、あなたが何を優先するかによってどちらが良いかが変わります。

    優先順位が楽な方が良いということであれば、ディーラーに下取りに出した方が簡単です。

    新規に車を買うことと手持ちの車を売ることの両方が叶うので、とにかく楽に売却と購入ができます。

    手間を惜しまずに、幾らかでも高く手持ちの車を売却したいのであればディーラーよりも中古車買取業者にお願いする方がベストな選択です。

    一社で納得せずに、多くの買取業者に査定を依頼する事で、査定額を上げることも可能になります。

    車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、プラスの査定になると考えて良いです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検の残り期間が数ヶ月となると見積金額アップは望めなくなります。

    しかしながら、査定金額を高くしたいが為に自動車を売る前に車検をする必要はあまりないと言って良いでしょう。

    車検の残り期間がたとえフルであったとしても、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。