トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    売却予定の中古車を査定するときには、例えば、カーナビなどの付属品があると査定額が高くなる傾向にあります。

    但し、古い車種でなければカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、比較的新型のカーナビでないと大幅な査定金額のアップは望めないでしょう。

    そして、同じ理由によって車にカーナビがついていない状態ではマイナス査定されてしまうこともあるでしょう。

    原則的に、車査定において持っていなければならない国家資格はありませんが、中古自動車査定士という国が後押ししている民間資格が存在します。

    この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、中古自動車査定士は大型車と小型車の2種類存在します。

    学科試験や技能試験に受かることが必要で、半年以上の実務経験がないと資格を与えられることがありませんから、中古自動車査定士の資格があれば、査定スキルが一定以上のレベルにあるということを証明してくれるはずです。

    中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、幾らか見積もりが高くなると言う噂があります。

    雨の日は水滴がついてしまいますし、夕方以降は日の光が当たりませんから車のボディーの傷や汚れなどが見にくくなるから有利であるというのが夜間などに査定依頼すべきだとの根拠になっています。

    でも実際は、見えにくいからという理由で査定をアップさせるほど経験不足の査定士がいるわけではないのです。

    甘めの査定をすると言うよりも、万一本当に気付かなかったときのことを考えて、一般の査定よりも査定額がちょっとダウンするかもしれないことを覚えておきましょう。

    満足できる査定結果が得られ、車を売却しようという段階になったら所有者は書類を複数用意しなければなりません。

    また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、注意しなければいけません。

    どちらの場合も必要になるのは車検証で、ほかに自賠責保険証、リサイクル預託証明書、納税証明書ですが、紛失している場合は再発行してもらってください。

    それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。

    しかし軽乗用車に限っては実印ではなくよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。

    備えあれば憂いなしと言いますが、車を売ると決めたら段取りをしておくほうが、気持よく査定も迎えられますしより良い値段をつけてもらえることも多いです。

    準備というと大げさな気がしますが、車内外の掃除は不可欠です。

    また、パーツを交換しているなら元のパーツが手元にあるなら付け替えておきましょう。

    中古車買取りの現場ではメーカー純正品を装備した車のほうが加点評価してもらえるからです。

    それと、短い時間で売却したいなら必要書類をあらかじめ用意しておくのも大事です。

    基本的にタイヤの状態は、中古車売却に際して買値に影響しないのが普通です。

    例外といえばスタッドレスタイヤで、もしスタッドレスに替えている時は、可能なかぎりノーマルタイヤにしてから査定に出すことを推奨します。

    一般的にはスタッドレスの方が高価なので価値があると思う人もいますが、真冬に残雪が残る地方というのは限られていますから、業者は通常のタイヤにつけかえてから市場に出すというプロセスが加わります。

    従ってその手間賃と実費の分、差し引いた額が買取額となるので、できれば交換しておくほうがオトクです。

    所有する車の相場が知りたいなどの理由で、車の査定に出すときに必要になってくるのは車検証だけですが、売るときには複数の書類を用意しなければなりません。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証やリサイクル券を用意しなくてはなりません。

    万が一納税証明書を紛失してしまった時には、軽か普通自動車かで納税証明書再発行の手続きをするところは異なってきます。

    普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、軽自動車の場合には市役所などがその窓口になります。

    大変重要なことなのですが、契約書の文章をよく読んで内容を充分に理解することは、自動車売買のときに限らずにさまざまな売買を行う上で大変重要になってきます。

    自分が署名して捺印をすると、契約書の内容はすべて法律的に有効になってしまうのです。

    記載された中古車の状態は適切か、トラブルになりやすい金銭面でのあいまいな部分はないか、じっくりと確認することが大切です。

    ちょっとでも不安を感じたら納得するまでスタッフなどに質問する姿勢は大事にした方が良いですよ。

    中古車の査定項目の中には、タイヤの溝の残り具合も確認するように決められているため、タイヤの溝が磨り減っていたら減点されます。

    溝が減っていると減点対象ですが、売るときに新しくタイヤを変えたとしてもかかった費用以上の上乗せは見込めないので、タイヤを新品に変えても意味がありません。

    しかしながら、履いているのがスタッドレスタイヤの場合には、買取査定に出す前にスタッドレスではなくてノーマルタイヤに戻した方が良いでしょう。

    冬場や雪の多い地域しか需要がないスタッドレスタイヤは、マイナス査定になることが多いのです。