トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    中古車を少しでも高く査定してもらいたいときには、これから査定に出すぞというときになるべく自らクリーニングすることが大切ですね。

    事故歴や過去に修理してもらった場所は消去不可能ですし、ちょっと見ればすぐに分かってしまいます。

    その一方で、シートなどの汚れや車内の悪臭は自分で対処することで大分消滅可能なのです。

    それから、車中は禁煙にすることがもはや常識のようなところがあるので、煙草の臭いがあると査定額が低くなることもあるので注意が必要です。

    買取希望の中古車のおよその査定金額を確認したいときに、Web上の中古車一括査定サイトを使って知る手段もありますが、メーカーのホームページ上で見積額の参考値を確認することが可能です。

    自動車メーカーのサイト上ならば名前などの情報を一切知られずに車種および年式のみで査定金額を知ることが可能なところもあるようですので、車の一括査定サイトを利用したときのように一斉に電話攻勢が始まる危険性はないでしょう。

    車を買い取ってもらう際に起きる恐れのあるトラブルはいくつかあるでしょうが、それらの中には非常に悪質と言えるケースも存在するのです。

    査定額に納得して車を手放した後から、再度チェックしたら問題が出てきたと実際の買取金額をグッと低下させられる場合も少なからずあります。

    売却金額を下げられるより酷いケースでは、その車だけを引き取って提示された金額が振り込まれないこともあるのです。

    このような事案に自分が遭遇してしまったら、直ぐに最寄りの消費者生活センターなどに相談に行くのが得策です。

    車体のキズやへこみ、塗装の擦れなどは中古車の売却査定の際に隅々まで確認されるのが普通です。

    あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、普通に走っていていつのまにかついているような小さな傷でしたら、所有者が心配するほど査定額に響くことはありません。

    査定前には僅かなキズでも気になるかもしれませんが、修理に出したところで修理屋が身内価格でやってくれない限り、査定アップで修理代をまかなえる可能性はないと言えます。

    個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。

    査定の時に天気が悪かったりすると、車のキズなどのアラ隠しになって査定額は高くなる傾向にあるという俗説があります。

    けれども実績を積んだプロが見落とす可能性は低く、「見落とさない対策」も用意されているので、今となっては絶滅寸前の噂と思ったほうがいいでしょう。

    そもそも洗車してきれいな状態の車というのは天気の良い日にはその美しさが際立ちます。

    天気がどうこうという話では昔から一長一短ですから、いまさら査定日と天気を関連付けて考える必要はあまりないでしょう。

    走行距離数が一定以上の車というのは、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    けれどもそれで諦めろといった意味ではありませんから大丈夫です。

    そういった車を専門に扱う業者であれば、部分ごとに細かく査定してけしてゼロ円などという結果にはなりません。

    月々のローンの返済がまだ残っている場合でも売ろうと思えば車を売れないこともありません。

    ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じである場合に限られます。

    まだ名義がローン会社になっている場合は、完全にローンを返し切るまでは実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、返済終了後に所有者の名義を変更してからでないと売れないということになります。

    しかし、ローン途中でどうしても売却したい時は、ローン会社に申請して許可が出れば、売った代金で残債を消し込むのを条件に売却することもできます。

    最近販売されている車ははじめからカーナビシステムがついているのがほとんどと言えるでしょう。

    カーナビが標準装備になったことで、カーナビが付いていてもさほど査定額に影響を及ぼさなくなりました。

    例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときには査定額アップが望めるでしょう。

    カーナビを外すのにさほど手間がかからないのならば、買い取りに出す前に外してしまって別途オークションに出品した方が得になるケースも出てくるでしょう。

    基本的に自動車の査定時において、キズや凹みが目立ってしまうと査定額がダウンするのは避けられませんね。

    このようなときに、自己流で修理してしまうのはあまり良い方法ではないのです。

    自動車修理の技術が優れていなければ、パッと見た際にはキレイに見えたとしても修理箇所を専門家が見たらそれ程きちんと直っていない場合も多いのです。

    しかしながら、売却前に修理を通した方が良いということではないのです。

    キレイに修理するためにかかった金額以上のプラス査定は期待できず、最終的には損をする結果になってしまうのが明白だからです。