トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    車を売ろうと思って買取業者に持って行くと、「買い取り金額は0円です」と言われることがあるでしょう。

    例えば、走行距離が10万kmを越えている「過走行」の車だったりする場合や、大きな事故を起こして修理したことがある車などは買取額が出ませんと言われることがあるでしょう。

    多くの中古車買取店を回ったとしても同じように買取額はつかないと言われたときにも、廃車にすることを前提として買い取る業者に引き取ってもらう方法もあるので、買い取ってもらうことを断念する事はないのですよ。

    よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう程度の軽い傷やへこみなどは、減点対象として査定されないことがほとんどですから、あまり神経質になることはありません。

    明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったり明らかにへこみがある場合、塗装がはげていたりしては減点の対象に含まれますが、減額されるのが嫌だからと言って個人で直したとしても自分で出した修理費用より査定金額の方が高くなる事はないのです。

    ネットで簡単に見つかる中古車一括査定のページを使用すれば、売却予定の車の査定相場の概算を知ることができますから利用価値が高いです。

    スマートフォンなどからでも利用可能ですので、休み時間や電車などの移動中など少しの空き時間でも有効に活用することができますね。

    しかし、注意しなければいけない点は、査定見積もりを行った複数の業者から電話連絡が機を同じくしてたくさんかかってくるので、電話連絡がストレスになるようならば、連絡手段にメールを選択できるサイトで登録するようにしましょう。

    中古車買取業者のほとんどは夜でも構わず、査定依頼に対応してくれます。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、高めの査定結果になりやすいといった噂もありますが、実際にはそれほどの違いはありません。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、天気の悪い日には見にくいというのは事実ですから、担当者の不注意を誘発しやすいでしょうが、実際のところはそう甘くないかもしれません。

    その一方で、磨き上げられてピカピカの車体は昼間の自然光でこそ美しさが際立ちます。

    ですから、どちらが良いとは一概には言えません。

    初めて車検を受けて国に登録した年を初度登録年といい、その年から経った年数で古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    勘違いされている方も多いのですが、製造年は関係なくあくまでも初度登録年から数えますから、わからなくなったら車検証を見てみましょう。

    年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは値段がつかない車も出てきます。

    販売する方にとっては安すぎて利益が出ない商品ですが、裏を返せば、買う人からすれば10年落ちで安い価格帯になっている車の中には状態の良いものもあるわけで、探し方次第では掘り出し物が見つかるかもしれません。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に約10000キロと見積もるのが一般的です。

    業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうと値段がつかないこともあります。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    走行距離数が年式の割に極端に短いと、却ってパーツが劣化して故障寸前になっている場合があり、あまり歓迎されません。

    愛車を売却する場合に、キレイに掃除をしてから査定に持って行くことは重要です。

    きれいに掃除するわけは2つあります。

    一個目は、査定士に「このオーナーは車を丁寧に扱う人だ」と好印象を持ってもらえるからです。

    2つめは、車内にこびりついた汚れを落とすことでいやな臭いも少なくなるからです。

    タバコの臭いやペット臭が残っていると、この辺は程度にもよって違いますが大きく減額されると思ってよいでしょう。

    嫌な臭いの原因になっているものは車内の汚れですから、細部にわたって掃除を行うことで臭いを軽減することが可能です。

    自動車を手放す手続きをする際には、車庫証明はいりません。

    しかし、新しく自動車を購入した際には、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    車庫証明に関して言えば、購入店側で代行してくれる場合が多いでしょうが、個人で車庫証明を取得することも可能です。

    何事もチャレンジの精神で行けば、ちょっと面倒でも業者に払う手数料は払わなくて済むので、自分で行っても良いでしょうね。

    個人で手続きする際には、以前乗っていた車の行く先を説明する必要があるため、車の売買契約書を持って行きましょう。

    自分で自動車を持っていると、使用していなくても維持費がかかってきます。

    車検代は二年に一度、自動車税は毎年かかりますし、その上自動車保険費用も必要になってきます。

    更にいうならば、持ち家でなかったとしたら、駐車場の料金もかかってくるのです。

    自動車を売ってしまおうかと考えている人は、少なくはない維持費用を払ってでも乗り続けたいのかじっくりと考えてみると、売却するべきかどうかに白黒つけやすいのではないでしょうか。