トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    一般的に中古車の買取市場において言えることは、大手の業者と中小の業者では査定するときの姿勢が違って当然だと言うことです。

    資金力が豊富な大手の買取業者は、自前の販売ルートを通して売ることも多いですから、中古車を積極的に買い取るのです。

    他方、社で決められた基準の範囲内でしか買取価格を上下することができず、提示された価格に対して交渉できる可能性はあまりありません。

    その一方で、中小の買い取り店舗は一車種毎にオークションで販売していく方式をとることがほとんどのため、中古自動車査定士の独自の判断で高値が付きそうだと思えば査定価格が上昇する可能性が大きいかもしれません。

    できれば車の査定を申し込むなら夜間や雨が降っている日の方が良いという人もおり、見積額が少々上がるという話を聞いたことがある人も居るかもしれません。

    当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をして車体の傷などが見えにくくなると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

    でも、視界が良くないからと言う理由で高く査定をするほど甘い査定をする店舗があるわけはないのです。

    それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、少々低めの査定額で抑えられてしまうことも充分予想できるのです。

    通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、大雑把に分類するとどんな車種や色であるかの基本スペック、ナンバープレートを含む外装の傷の状態確認や走行距離数の確認、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、故障歴や事故歴があったかどうかなどのチェックをするのです。

    これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、査定アップの要因になる新型のカーナビやオーディオなどが付属していたらプラス査定となります。

    これらの査定結果に加えて現時点での相場価格を考慮して、買取希望者に提示される金額が決定されるのです。

    個人レベルでどれだけ頑張ろうと、車の扱いに長けた査定士からすると買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。

    事実を隠すという行動は買取業者に対して詐欺を働くのと基本的には同列のことですから、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、事実が明るみに出た時点で全額返金を求められることもあり得るのです。

    こういった事態に対応するために、契約書に目を通すとこの件に触れた文章があるはずで、言い逃れはできません。

    国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の不満やトラブルの報告があがってきます。

    近年はとくに売却(買取)絡みの電話が右肩上がりに増えています。

    よくある例としては、買取一括査定のサイトを利用したら、夜間や仕事中にも電話がくる、居座られて契約をせざるを得なかったなどです。

    おかしいなと思ったら、消費問題に詳しいプロなどに話してみるのが大事です。

    諦めてはいけません。

    自分自身で車を運転して、中古車の買取りを行っている店に行ってその場で実車査定を受けるなら、もしかすると待つことになる可能性はあるものの、飛び込みOKというところが多いです。

    けれどもこうした場合はまったく相場を掴まずに価格交渉することになります。

    つまり本来の価値より低い価格で買われてしまうこともあります。

    スピード重視ならそれもありかもしれませんが、本来は複数の業者に出張査定してもらい、多くの見積りをとるほうが価格面で良い結果が得られるので、いま一度考えなおしてみましょう。

    車の所有者にかかってくる自動車税は、所有車に1年分の請求が来て、その認定日は毎年4月1日と定められています。

    一年分が請求されると言っても、車を手放す際には、残っている月数分の税金額が査定に加算されるようになっているので、月割りで税金を払うのと同じことになるので心配無用です。

    しかしながら、自動車重量税に関しては廃車にでもしない限り返却される制度はないのです。

    しかしながら、税金を支払った月数分の残りの金額をプラス査定してくれるケースもあるのです。

    買取業者との交渉次第でなんとかなるかも知れませんね。

    車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、査定金額に上乗せされることが多いでしょう。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、残り期間が数ヶ月しかなくなってしまうと既にプラス査定は期待できなくなります。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに自動車を売る前に車検をする必要はあまりないと言って良いでしょう。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、車検を通すためにかかった費用分を見積金額のアップで取り戻すことは困難なのです。

    自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、事前に予測できないいざこざに遭遇してしまうケースがあるのです。

    中古車を売る時に時折見られる事案としては、既に契約が成立してから、問題が見つかったからと言われて買取額を下げると通達される場合があるのです。

    このような場合に、もし自分側が事故や故障などの履歴を隠していたケースならば売却する方に責任があるでしょう。

    そのようなことがないケースでは、見積もり時に見落とした方が悪いので、売り手側に責任がないのですから承服しなくても良いのです。