トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    良くインターネット上で見かける中古車一括査定サイトを利用すれば、自分が売ろうとしている車の大体の査定相場が分かるので大変有益です。

    ネット環境が整っていれば端末は何でも良いので、休憩時間などちょっとした空き時間で有益な情報が得られます。

    しかしながら、注意点があって、申し込んだ買取業者から電話連絡が機を同じくしてたくさんかかってくるので、一気に電話で連絡されるのが嫌だったら、連絡手段がメールのところを探して利用するようにしてください。

    オンラインで中古車を一括査定できるサイトの中には、名前を明記しなくても査定をお願いできるものもあるのです。

    結果を連絡してもらうために連絡先は書くようですが、誰しもむやみに個人情報は教えたくないでしょうから、有用なサービスと言えます。

    また、連絡先すら秘密にしたまま中古車の相場金額が分かるものとしては、メーカーのサイト上で車種や年式などを入力することで、現時点でのだいたいの価格相場を把握することができるでしょう。

    そうは言っても、本当にだいたいの値しか出ないので、やはり詳細な金額ではないので、あまり参考になるとも思えません。

    中古車を売却するときに車検が1年1ヶ月以上残っていると、業者によっても違ってくるかもしれませんが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    車検の残りが1年以下のケースでは車検までの残りがあったとしても見積もりに影響しません。

    そうは言っても、売却予定になってから車検を行っても車検を通すためにかかった費用以上のお金が査定金額にプラスされることはありませんから、わざわざ手間暇かけて直前に車検を実施しておく利点は何も無いのです。

    見積りの結果に納得して実際に売却する手続きに入ると書類をそろえる必要があります。

    軽自動車は普通乗用車と違う点がありますので不明点があったら営業担当者に確認してください。

    必ず必要になるのは車検証で、そのほか自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。

    しかし軽乗用車に限っては実印ではなくよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。

    チャイルドシートを設置している車を売ろうというのであれば、査定前にはずしておいた方が良いでしょう。

    基本的にチャイルドシートは査定の際に無関係なのが普通だからです。

    ただ、チャイルドシートというのはユーズド品でも人気のある商品なので、ひと手間かけて外して単体で売るとそれなりの価格になります。

    一部のブランド品などはなかなかの高値をつけてくれることがあります。

    中古車業者に車を売る際は、トラブル防止のために必ずしておくことといえば、そんなことぐらいと思われるかもしれませんが、契約書によく目を通して内容を把握することです。

    契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、サイン(押印)した時点で効力を発揮します。

    業者による説明と実際の買取額が同じかどうかといった値段、手数料といった金額に関連した文言はよく読んで理解しておく必要があります。

    口約束は契約書の前には無力ですので、すべて目を通した上で必要であれば質問して、納得してから契約に進みましょう。

    同時に多数の車買取会社のスタッフに出張査定予約を入れて、皆一様に車の査定をお願いする事を相見積もりと呼んでいます。

    「相見積もり」を依頼する長所と言えば、査定スタッフが同時に価格を提示することで価格競争になり査定額が上がることです。

    相見積もりをあまり快く引き受けてくれない会社も中にはあるのですが、さほど相見積もりを嫌がらない業者は購入意欲が高い会社が多いようで、価格競争が激しくなると思って構わないでしょう。

    幾らかでも高く車を売るためには抜群に効果的な方法なのです。

    自家用車を所有しているとたとえ乗らなくても維持費が結構かかるものですよね。

    公共の交通機関が自宅周辺に沢山あって、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば車を売ってしまうことで大幅な節約になるでしょう。

    そんな維持費の内容を見てみると、自動車税や自動車保険料、車検や定期検査の代金、持ち家でなければ駐車場の代金も負担しなければいけませんね。

    以上の合計を鑑みると、年間で何十万円も支払っている場合だって大いにあり得るのですから維持費は大変です。

    自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも全く車の売却ができないということはありません。

    それは車検証の所有者として書かれている名前が売主本人であるときだけですから、実際には難しいかもしれません。

    もしローン会社の社名が車検証に記載されている時は、残債を返済しきるまでの間は当面、所有者はそこに記載されている会社ということになります。

    つまり、完済して自分名義にしてからでないと売却はできません。

    但し、ローン会社から承認を取り付ければ、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。