トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    買い取りする車を査定する時に、その見積金額に大幅に影響を及ぼすのが走行距離です。

    基本的に走行距離がアップすればするほど徐々に査定額がダウンしていくことになります。

    総走行距離数が5万km以上の車は多走行車と言われていて、査定額をダウンする原因となることが多くあります。

    10万kmを越えて走っている車は一般に過走行車といわれ、ゼロ円査定になってしまうケースもままあります。

    出来るだけ高い値段で自分の中古車を売るためには、一軒二軒の査定で満足せずに複数の買取業者に査定見積もりしてもらうことです。

    他社の見積金額を見せて交渉することで車の査定金額が変化する事は珍しくありません。

    いっぺんに複数の業者に査定をお願いするには無料一括査定サイトを利用するのが有効ですが、この時に異様に査定額が高いところは詐欺会社かもしれませんから十分注意する必要があります。

    自分の足で実際にお店に行くことをしないで、一度に何店もの見積もりの額を中古車の一括査定サイトを使えば比べることができます。

    何かと忙しい現代人には時間の節約になって大変便利です。

    ただし、査定の申し込みを多数の企業にお願いしているから、なかなか都合良く行かない面もあって、数ある会社から電話が矢継ぎ早にかかってくる事になるでしょう。

    電話攻撃に疲れ果ててしまったり、何度も何度も電話をかけてくる業者が存在する欠点があるので注意が必要です。

    見積りの結果に納得して実際に売却する手続きに入ると書類をそろえる必要があります。

    軽自動車は普通乗用車と違う点がありますので不明点があったら営業担当者に確認してください。

    必ず必要になるのは車検証で、そのほか自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。

    しかし軽乗用車に限っては実印ではなくよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。

    チャイルドシートを設置している車を売ろうというのであれば、査定前にはずしておいた方が良いでしょう。

    基本的にチャイルドシートは査定の際に無関係なのが普通だからです。

    ただ、チャイルドシートというのはユーズド品でも人気のある商品なので、ひと手間かけて外して単体で売るとそれなりの価格になります。

    一部のブランド品などはなかなかの高値をつけてくれることがあります。

    中古車業者に車を売る際は、トラブル防止のために必ずしておくことといえば、そんなことぐらいと思われるかもしれませんが、契約書によく目を通して内容を把握することです。

    契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、サイン(押印)した時点で効力を発揮します。

    業者による説明と実際の買取額が同じかどうかといった値段、手数料といった金額に関連した文言はよく読んで理解しておく必要があります。

    口約束は契約書の前には無力ですので、すべて目を通した上で必要であれば質問して、納得してから契約に進みましょう。

    買取業者に車を査定してもらう時は、車で買取店舗に直接行くか、でなければ査定士に自宅まで出張してもらうという手もあります。

    査定士に家に来られても問題がないようでしたら、買取業者による出張査定は買取金額アップにつながるため、利用者には有利です。

    訪問査定や出張査定と呼ばれる方法だと、同じ日に幾つもの業者から見積りをとれます。

    よって、各社とも最大限の見積額を出してきますし、そのおかげで普通に売るよりも高い値段で買い取ってもらえるからです。

    「契約書」に書かれている内容を充分に理解して契約すると言うことは、車売却時に限定したことではなくて売り買いをするうえでの重要項目です。

    署名して印鑑を押した以上、契約書の内容は全部法律的な効力を持ったことになるのです。

    書かれている自動車の内容に問題はないか、肝心なお金に関する部分で不明瞭な点は無いか、充分にみていくことが肝心です。

    何か引っ掛かる点があったら遠慮せずに担当者に相談したり質問したりすることも重要になってきます。

    自己が所有する中古車を売ろうとするときには、あらかじめ故障している場所があるなら正直に申告するようにしましょう。

    しかしながら、あらかじめ故障箇所を修理する必要はないのです。

    故障の程度によってマイナス査定にはなるでしょうが、事前に修理したからといって反対に損をする結果を招くケースが多いようです。

    買取業者が故障車を修理に出す費用と事前に一個人が故障箇所を直すのにかける費用とでは、業者が修理に出す方が大幅に安いのです。

    このようなわけで、査定額に上乗せされる金額では事前修理代金がまかなえないのですね。