トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    車を買取店に持って行って査定してもらった時に、査定額が付かないと言われることがあります。

    売却予定の車が走行距離10万km以上だと過走行と呼ばれる状態で査定が0円だったり、大きな事故を起こして修理したことがある車などは買い取り金額がつかない可能性が出てくるのです。

    幾つかの中古車販売店で査定をお願いしてもどの業者でも査定金額が出ない場合でも、廃車にすることを前提として買い取る業者にお願いする事が可能ですので、気落ちして売ることを断念することもないでしょう。

    買取に出そうと考えている所有車に全く馬鹿にしているような査定金額を出されたら、売却は不可能だと正直に話しても良いのです。

    査定の申し込みをしたからと言って、どうしても契約しなければならない決まりはないのです。

    はじめの段階の査定金額ではうなずけないと伝えるとそのときから、もっと値段を上げてもらえる可能性が高まるかもしれませんし、そこ以外の店舗に行けばもっと高い査定をしてくれる可能性もあるのです。

    自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。

    「修理歴車」は通常、事故車と呼ばれていますが、査定時に大きく減額されてしまう要因となってしまいます。

    かといって、査定前に修理したことがある全部の車のことが一様に修理歴車と見なされるわけではありません。

    車の骨格に相当するところまで修理されていなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしてもとくに修理歴車になるわけではないのです。

    でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。

    中古車売却一括査定サイトは、たった一度の入力で複数の会社から見積もりをとることができるので、一度使えばその便利さを実感しますが、短所がないわけではなく、複数の業者から電話連絡がひっきりなしにかかってくるという点があります。

    登録したのが仕事でも使っている携帯番号などだと何日かは不便を強いられるのが予想されるので、よく考えて登録しましょう。

    あまりマナーを守らない非常識な業者にあたった場合は、ウソも方便で、もう売ってしまったと断ると諦めてもらえます。

    品物がないのですから当然です。

    基本的にタイヤの状態は、中古車売却に際して買値に影響しないのが普通です。

    しかし、冬用のスタッドレスタイヤのままよりは、ひと手間かけてでもノーマルタイヤにしてから売りましょう。

    スタッドレスは高価ですが、北陸や北海道などの豪雪地域の冬ならいざ知らず、一般的には普通タイヤに交換してから販売する必要があります。

    ですから業者としてはスタッドレスは歓迎しませんし、タイヤ交換費の分を引かれた額が買取額となります。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時は所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

    ただし、価格交渉を終えて実際に売買契約するとなれば、車検証や自賠責保険証、納税証明など複数の書類を整えなければいけません。

    印鑑証明は軽乗用車なら不要ですが、普通乗用車の場合は役所にとりにいかねばなりません。

    さらに、結婚で姓が変わった場合や現在の住民票の住所とその他の書類の住所が異なる際は、通常よりも提出書類が増えますから、先に担当者に確認しておくと良いでしょう。

    車を売る気持ちが固まったら早めに書類を準備しておくほうがあとの手続きはラクです。

    あまり馴染みがないかもしれませんが、自動車を業者に買い取ってもらうのではなくて、対個人で売却する方法もありますね。

    売り手と買い手の間に業者が介入しない分、売り手はより高く、買い手はより安く売ったり買ったりできるのです。

    双方に利益があると言っても、契約に関することは全部個人間でのやり取りですからとても面倒ですし、金銭関係でトラブルになるかも知れない可能性が高まります。

    金銭面に関して言えば、極力一括払いでお願いするようにすると後々トラブルに発展する可能性が低くなります。

    支払った自動車税が月割りで戻ってくるのは、一般的な普通自動車を売らずに廃車にすると戻って来ます。

    廃車にするのが軽自動車だったときには、自動車税が月割で返金されることはないのです。

    しかしながら、自動車税の残り期間が相当余っている時などは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。

    しかしながら、自動車税のことについてしっかりと説明してくれるところばかりではないのです。

    売却の契約を交わす前に確認しておきたいことのひとつと言えます。

    車の売却を済ませた後から、「瑕疵担保責任」を言い訳にして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。

    もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら自分側が悪いと言えますが、査定時に何か見落としがあったというならば自分に非はないのです。

    業者が納得いかない言い分を通そうとしている場合には、国民生活センターへ赴いて、車の売却でトラブルになっているとと話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。