トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    白や黒は定番色で、どんな時も需要が安定しているので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、好みがハッキリと分かれる傾向があるので、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    でも、査定金額はその時点での中古車オークション相場により上下しますので、流行次第である特定の車体色に幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    普通は、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、「発行してください」と言ってももらえないことがほとんどです。

    例えば遺産相続に関してや、自己破産の際に必要になる資産証明などで詳細な査定金額が明記された証明書が欲しくなったら、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に査定を依頼する必要が生じます。

    日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、査定してもらうには料金が必要です。

    それから、事前に査定の申し込みが必要です。

    ちょっとでも高値で中古車を売却するコツは、今すぐにでも売却したいという思いを前面に押し出すことです。

    暇つぶしに査定はしてもらうが多分売却はすぐにしないだろうという相手よりも、提示した金額に納得すれば直ぐに売却可能ですという相手の方が業者にとって有益なのは間違いないでしょう。

    即決の意志があると知ったならば、ほかの業者に逃すまいと高めの見積もりを示してくれるかもしれないでしょう。

    時間に関係なく気が向いた時にできるのがネット上にある中古車買取一括査定サイトです。

    一店ずつ回ったら相当な手間になる複数業者の査定額を1度の手間で手に入れることができるので、比較検討が格段にラクになります。

    とはいえ短所もないとは言い切れません。

    ネットだからと時間を気にせず査定依頼の登録をすると、年中無休や深夜早朝に対応した買取業者から夜だというのに連絡先の電話番号に電話がかかってきて家族中が迷惑したという声もあります。

    夜の方が都合が良いという人もいますし、迷惑かどうかは個人の事情にもよるのですが、家の電話や仕事先の電話は登録しないほうが無難です。

    自分の車を査定してほしくても、業者のところに直接、車で行こうというのは無謀にもほどがあります。

    同業他社の査定額を比較することもなしに来店すれば、相場より安値で売却してしまうこともあるからです。

    ただ、ひとつだけ有難いのは、訪問査定を受けるよりも短い時間で売却できるという点に尽きます。

    査定と買取を行う店まで現物を搬入するところまでが済んでいるわけですし、契約に必要な印鑑(実印。

    軽は認印可)や書類一式が手元にあれば、店舗に行った当日に契約が終わっているなんてこともあるわけです。

    これならいいだろうと思える査定金額に達し、売買契約に署名捺印するとなれば、書類をそろえる必要があります。

    軽自動車は普通乗用車と違う点がありますので気をつけてください。

    どちらの場合も必要になるのは車検証で、ほかにリサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、自動車税納税証明書の用意は必須です。

    印鑑については実印と印鑑証明が必要ですが、軽の場合は三文判でも大丈夫です。

    ただ、シャチハタは使用できません。

    自動車を実際に売るときには複数の書類の提出が求められます。

    複数の書類が必要になると言っても、車関連の書類を紛失したりせずに全部きちんと管理していて、プラス住所や苗字の変更がないのであれば、自分で新しく取ってくる必要があるのは印鑑証明だけなのです。

    それから、印鑑証明は所有する自動車を売却する時だけではなく自動車購入の際にも入り用になってきますから、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。

    所有する車の売却を決定したのならば直後に印鑑証明を取りに行くと、後々手続きが順調に運ぶことになります。

    仲の良い友人が自分の車を買いたいと申し出たときなどには、お金をどうするかなどの契約事が曖昧になりやすいです。

    自動車を売ると言うことは多額のお金が動く事柄ですね。

    例えいくら親密な関係の友達であったとしても、いつまでに車の名義変更をするのかやいくらで売るのか、その支払い方法はそうするのかなど、トラブルになりやすい重要な項目に関してはきちんと書面に書き残しておくべきです。

    念書に残すのを嫌がる相手では、後からいざこざが起きても仕方がないため、なるべくなら売買するのを止めた方が良いでしょう。

    あまり馴染みがないかもしれませんが、自動車を業者に買い取ってもらうのではなくて、業者ではなくて個人に売るという場合もあるでしょう。

    中間業者が介在しない分だけ、売却する側はなるべく高く、購入する側はなるべく安く売り買いすることができます。

    両者が得をする売買形式であるとは言え、全部の手続きを個人同士が行いますから手間取ることが目に見えていますし、支払いに関するトラブルが起きる危険性も増すでしょう。

    支払い方法に関しては、分割払いを避けるようにするとトラブルを避けることが出来るようになりますね。