トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    車を売ろうと思って買取業者に持って行くと、査定額が付かないと言われることがあります。

    その車が「過走行」と呼ばれる走行距離10万km以上の状態だったり、かなりの大事故で大きく修理した履歴の残ったケースなどは買取額が出ませんと言われることがあるでしょう。

    たくさんの会社で査定してもらったとしてもどの業者でも査定金額が出ない場合でも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へお願いする事が可能ですので、一概に売却を諦めてしまうこともないと言えます。

    手持ちの車を売りに出したいと考えたときにお勧めできるのが、ネットを利用した一括査定サイトで査定してもらうことが上手な方法といえます。

    複数の業者の見積もりを一度に比較検討出来ますから、散在しているお店の一つ一つに行かなくても一番高い額で買い取りしてもらえる企業を取捨選択可能なのです。

    また、それにも増して自分の車種の資産価値が概算で今の段階でどのくらいの金額があるのかの目安を知ることができます。

    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、業者によっても違ってくるかもしれませんが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    でも、車検の残り期日が1年以下のケースではいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。

    残りの車検が長い方が査定に良い影響を及ぼすといっても、売る前に車検を実施しても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格に加算されて回収出来ることはないでしょうから、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、中古車買取店への売却かディーラー下取りの二つでしょう。

    中古車として売却するのであれば同時に複数の買取店に査定依頼を出すことで競争を促し、下取りに比べ利益を得やすいというメリットがあります。

    ディーラーの下取りサービスを利用する場合は、価格を比較する相手がいないので競争による高値買取りのようなものは期待できません。

    そのかわり購入と売却が同じ場所で出来るというのはラクです。

    一概にどちらが良いかは言えません。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、さらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    しかしまったく売却不能ということではないので安心してください。

    そういった車を専門に扱う業者であれば、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、きちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

    いくら売却したいと思っていても、査定のためにお店に突然車を乗り付けていくのは得策ではありません。

    複数店舗の査定額などその場では比較しようもありませんので、相場より安値で売却してしまうこともあるからです。

    考えられる利点というと、訪問査定を受けるよりも短い時間で売却できるという点に尽きます。

    なにせ買取査定の対象となる車を店舗に持っていくのですから、契約に必要な印鑑(実印。

    軽は認印可)や書類一式が手元にあれば、その日だけで売却手続きが終了する場合もあります。

    年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。

    しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、古い年式の自動車だったら1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    車を買い取りに出す場合にはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと調子が悪くなってしまうのです。

    走行距離数があまりにもその車の年式と釣り合わないと、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。

    自分の所有する車を売ろうと思ったときの選択肢には3つあって、第一は自動車買取会社に売却すること、第二にディーラーに下取りしてもらう方法があり、ちょっと珍しいケースでは個人でオークションに出品して車を売却する方法が存在します。

    個人でオークションに出品する場合には、車体の内外の画像や状態を説明する文章をできるだけ他人に分かりやすく書き込むことが後々トラブルが起こらないようにするためには重要なことです。

    それから、実際に契約する前に実物を見てもらうことも重要です。

    その他に自分が重要と思ったことに関しては、書面に書き表してサインと捺印をしてもらい、双方で保管すれば完璧でしょう。

    車の売却を済ませた後から、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。

    事故を起こした車だと言うことを隠して売りつけたのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、中古自動車査定士が傷などを見落としていたことによるものならば自分が非難される筋合いはないでしょう。

    買取店舗が自分の納得がいかない言い分を押し通そうとする際には、最寄りの国民生活センターへ行って、車の売却でいざこざになっている旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。