トップページ

    このサイトでは横浜市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「横浜市で中古車を高額買取してくれる業者はどこ?」と思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    中古車を高額買取してもらうために大切なことは「横浜市にある複数の車買取業者で査定金額の比較をする」ということになります。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力もすぐに終わるので隙間時間に使えます。横浜市にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、横浜市での買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大50社まで中古車の買取査定が可能です。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、横浜市に対応していて無料。

    「車をできるだけ高く売りたいから横浜市の車買取業者に買取査定を依頼したいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、横浜市で数年落ちの中古車でも高く買い取ってくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに横浜市にある多くの車買取店から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後は横浜市対応の複数の中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    横浜市対応の車買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    最大10業者が中古車を査定してくれるので、最高額を提示してくれた車専門店にあなたが大切にしてきた車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較することができるので、横浜市にある複数の車買取店に依頼をして長年大切に乗ってきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り大手企業の楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    中古車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、横浜市対応の最大で約10社があなたの車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    車を買取店に持って行って査定してもらった時に、査定額が付かないと言われることがあります。

    その車が「過走行」と呼ばれる走行距離10万km以上の状態だったり、事故の状態が大きくて修理の後も大きい場合などは買取額が出ませんと言われることがあるでしょう。

    たくさんの会社で査定してもらったとしても同じように買取額はつかないと言われたときにも、廃車にすることを前提として買い取る業者に買取をお願いする事ができますので、その車を売ることを止めてしまう必要はないのです。

    中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、担当する買取業者にもよるのですが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    しかし、車検の残りが一年以下の場合ではいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。

    そうは言っても、売却予定になってから車検を行っても車検を通すためにかかった費用以上のお金が査定金額に加算されて回収出来ることはないでしょうから、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    中古車買取において、業者に査定依頼する際に必要になる書類は、車検証及び自賠責保険証明書だけであるため、たぶん誰でもすぐ用意可能で、特段、事前に何らかの準備をする必要性はないでしょう。

    実際の車売却時には名義変更手続きが伴うため、それから、印鑑証明書及び自動車税納税証明書等の何枚かの証書が必要になるでしょう。

    最近、結婚したり転居したりして住所や姓が変更していて、書類の内容が正しく訂正されていない場合には住所や姓の訂正に関して追加の書類を提出するように言われますから、スムーズに売却するために、事前に準備しておくとベターですね。

    前の車を中古車買取業者に売却するとすぐ引き取りに来るため、これから乗る予定の車が納車される日までの期間、車がないという状態になります。

    なければないなりに過ごせる人はいいのですが、自動車なしではいられないという人はやはり代車手配ということになるでしょう。

    とは言うものの、中古車買取店ならどこでも代車の手配を業務の中に組み込んでいるわけではないので、もし必要だと思ったら、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか一社ずつきちんと確認しておかなければなりません。

    査定では改造車はどのような扱いになるのかと聞かれますが、他の中古車と同様、状態と人気に左右されます。

    仮に改造に使ったパーツが売れ筋商品であれば場合によっては加点も期待できます。

    とはいうものの、肝心のパーツが傷んでいたりすると中古車市場に出す前に業者が補修する必要があるので、逆にマイナスをつけられる可能性もあります。

    趣味に走りすぎたものや使用用途が限定されたものも市場ニーズが見いだせないため、持ち主がかけたコストにかかわらず減点になります。

    そのような結果にならないよう、査定時には車はノーマルに戻しておき、改造パーツは単品で売却するのがおすすめです。

    買取対象の車を直接見て査定してもらうためには、店舗まで車を持っていく以外に、先方からこちらへ出張してもらうといった選択肢もあります。

    買取を行っている店舗の多くは契約の有無にかかわらず無料で査定に来てくれます。

    この時に幾つかの業者に一度に来てもらっていわゆる相見積もりの状態にすることも出来ます。

    複数の会社でたった一件の契約を取り合うため、比較的高い価格で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

    当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、車体にキズなどがないに越したことはありませんね。

    傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、専門家目線では余計に傷が浮き出ているような場合があるので注意が必要です。

    故意に付けなくても自然に付いてしまうようなとても薄い傷などは、マイナス査定されないことも良くあります。

    自動車修繕などを手がけたことのない人であるならば、頑張って自分でやってみようと思わずに、下手に修復せずに査定に出した方がベターです。

    車の査定をしてもらいたいと思ったら、直接その車に乗って買取店に行って見てもらうか、査定士に自宅まで出張してもらうという手もあります。

    自宅に業者が来ても構わないのであれば、査定士に出張してもらうことは、高値売却を狙えるということで売る側にとってはありがたいサービスといえるでしょう。

    この出張査定をうまく利用すると、一度にたくさんの業者に査定に来てもらえますから、同業他社と査定額を争うことになり、普通に売るよりも高い値段で買い取ってもらえるからです。

    普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、使用していなくても維持費がかかってきます。

    自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、任意で加入する自動車保険料も馬鹿になりません。

    更にいうならば、持ち家でなかったとしたら、駐車場の料金もかかってくるのです。

    自動車を売ってしまおうかと考えている人は、多額の維持費を支払ってでも車を所有する必要性があるのかどうかという見方で考えてみれば、どのようにすべきかという結論が出やすいでしょう。